紫外線には3種類の波長があった!肌に与える影響とは?

sora

あなたは正しいUVケアを行っていますか?

紫外線がシミ・皺の原因となることは周知の事実。でも、紫外線が肌にダメージを与えるメカニズムや、紫外線が多い季節・気候などについては、意外に知られていないことが多いようです。知って得する紫外線に関する基礎知識や、注意点についてご紹介します。

スポンサーリンク

紫外線の波長と肌に与えるダメージの関係とは?

紫外線には3つの波長があることをご存知でしょうか?

紫外線には、波長の長いUVA、波長の短いUVB、通常は地上に届かないUVCの3つの波長があります。特に注意が必要なのはUVAとUVBです。

UVA(紫外線A波)

shiwa

UVAは波長が長い紫外線。真皮にまで届く紫外線なので、皮膚の奥深くにまでダメージを与えます。コラーゲンが破壊され、皺やたるみの原因になる波長です。また、肌表面へのダメージも大きく、シミ・そばかすができる原因にもなります。

UVAは、窓ガラスなどを通過して室内まで届きます。窓際で長時間過ごす場合などは過剰に紫外線を浴びてしまいますので注意が必要です。

窓にはUVカットのシートを貼り付けたり、UVカット機能のあるカーテンを取り付けるのがおすすめです。また、1日中室内で過ごす場合でも、日焼け止めをしっかりと塗るなどの対策を行いましょう。

UVB(紫外線B波)

shimi

UVBは、UVAと比べて波長が短い紫外線で、真皮には届かず、表皮のみにダメージを与えます。UVBを浴びると肌表面が乾燥したり、メラニン色素が増加することになります。

それにより、毛穴が開いたり、肌がカサカサになったり、火傷のような炎症を起こす恐れがあります。また、メラニン色素の増加により、シミ・そばかすができやすくなります。

UVC(紫外線C波)

UVCは、最も危険な紫外線で、浴びると重度の火傷を引き起こします。一般的には、オゾン層で阻まれて地上まで届くことはありません。しかし、オゾン層の薄い場所では注意が必要です。

紫外線量が多い季節はいつ?

紫外線が多いのは真夏だけじゃない!

それでは、紫外線の量が多い季節はいつなのでしょうか?なんとなく、気温の上がる真夏の時期、7月から8月くらいが多そうな気がしますよね。

実は、紫外線照射量は4月頃から徐々に強くなり、5月から9月頃まででピークに達します。4月から5月は肌の真皮層にダメージを与えるUVAが強くなり、7月から8月には肌表面にダメージを与えるUVBが強くなる傾向があります。

曇りの日でも、紫外線は80%が地上に届く!

晴れた日の紫外線はとても強いですが、曇りの日や雨の日の紫外線量は少なめになります。しかし、薄い雲の場合、紫外線の5〜8割は通過して地上まで届いているのです。

曇りの日は日差しが強くないので過ごしやすいですし、ついついUVケアをせずに長時間外出してしまうということがあるかもしれません。そのような場合、晴れの日にきちんとUVケアを行って外出する時と比べて、より紫外線のダメージを強く受けてしまいます。

住んでいる場所の紫外線量を調べるには?

気象庁が全国の紫外線分布図を発表しています。お出かけ前に紫外線量をチェックして、日々のUVケアにお役立てください。

⇒ 明日の紫外線の予測分布図|気象庁

紫外線対策はどんな時でも毎日行うべき!

以上をまとめると、

  • UVAを浴び続けると皺ができる
  • UVBを浴び続けるとシミができる
  • 紫外線量は5〜9月が最も多い
  • 曇りの日も50〜80%ほどが地上に届く
  • 室内にいても、肌の真皮層にダメージを与えるUVAを浴びてしまう

紫外線によるダメージを防ぎ、肌の老化を食い止める谷は、毎日のUVケアをしっかりと行うことが大切です。具体的なUVケア方法ついてはこちらの記事をご覧ください。

自分でできるアンチエイジング講座では、女性の美容と健康に関する情報を発信しています。
スポンサーリンク