あなたは知ってた?日焼け止めの選び方と正しい塗り方とは?

image5

店頭で売られている様々な日焼け止め、あなたはどんな基準で選んでいますか?パッケージには色々な数値が記載されているけれど、一体何を示しているんだろうと疑問に思ったことがありませんか?

肌の老化を促進する紫外線。皺やシミを防ぐためには正しいUVケアを行うことが大切です。日焼け止めの選び方と、意外と知られていない日焼け止めの正しい塗り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

日焼け止めはどのように選ぶべき?

image

日焼け止めのパッケージには、必ずSPFやPAという表記がありますよね。これらは一体なにを意味しているのでしょうか?

SPF(紫外線防御指数)とは?

SPFは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略です。主にUVB(紫外線B波)を防止する効果をあらわしています。

SPFの数字は、紫外線が当たってから日焼けするまで(平均して15〜20分ほど)の時間をどれほど遅らせることができるかを示しています。例えば、SPF50の場合、20分×30=600分となり、単純計算で10時間の紫外線防止効果があるということになります。

ただし、数字が大きいほど効果が高くなるものの、日焼け止めを塗ったからといって100%の紫外線を防げるわけではありません。

PA(UVA防御指数)とは?

PAは、プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略です。主にUVA(紫外線A波)を防止する効果をあらわしています。PAは数値で示されず、+から++++までの4段階によって効果の高さを示しています。

PA++++ 極めて高い効果がある
PA+++ 非常に効果がある
PA++ かなり効果がある
PA+ 効果がある

UVAとUVBは肌に与えるダメージの種類が異なります。

紫外線には3種類の波長があった!肌に与える影響とは?

外出時間で選ぶ

image

とりあえずSPFやPAの数値が大きなものを選んでおけば良いと思っていませんか?実は、SPFやPAの数値は大きければ大きいほど肌への負担も増加します。

短時間しか外出しない時は、SPFやPAの数値の小さなものを選び、レジャーや屋外でスポーツをする時などは、数値の大きなものを選ぶと良いでしょう。

日焼け止めの正しい塗り方とは?

日焼け止めというと、お出かけに慌てて塗ることが多いのではないでしょうか?実は、日焼け止めはSPFやPAの数値が高いからといって、一度塗れば塗り直さなくても良いというものではありません。

日焼け止めは汗で流れてしまったり、衣類によるこすれではがれてしまうことがあります。数時間置きに塗り直すようにしましょう。

image

ココに塗るのを忘れずに!ついつい忘れがちな場所とは?

首の後ろや足の甲は、日焼け止めを塗るのを忘れがち。日焼けすると結構目立つ場所なので、しっかりと日焼け止めを塗っておきましょう。

また、意外に忘れがちなのが頭皮のUVケア。頭皮も紫外線に当たると身体の皮膚と同じようにコラーゲンが破壊され、弾力がなくなってしまいます。外出時間が長い日などは、頭皮にもしっかりと日焼け止めを塗るようにしてください。

洗い残しのないようにしっかりと洗う

強力な紫外線ブロック効果を持つ日焼け止めほど、肌への密着度が大きく、洗い流しにくくなります。特にSPFやPAの数値が大きい日焼け止めを使用している場合は注意が必要です。

洗い残しがあると、肌荒れや色素沈着、毛穴の開きなどの原因になる恐れもあります。メイクをしていない日でも、クレンジング剤を使ってしっかりと日焼け止めを落とし切るようにしてください。

PUCK UP記事

痒みを伴う乾燥肌を改善!ガサガサ肌を自宅で保湿ケアする方法とは
DMAEサプリの効果とは?記憶力が増加して美肌になるってホント?
顔が黄色くなるのはなぜ?その原因は糖化とカルボニル化にあった!
白髪の予防から鬱病の改善まで!チロシンの効果や摂取法について

自分でできるアンチエイジング講座では、女性の美容と健康に関する情報を発信しています。
スポンサーリンク