鼻の毛穴が全開で角栓がみっちり詰まってる!しっかり閉じる毛穴ケア方法は?

image4

ぽっかり開いた鼻の毛穴につまりやすい角栓。この角栓って、いつの間にかできてしまうし、除去するのも大変。

鼻の毛穴がブツブツしていると、いくら丁寧にメイクしても台無しです。

どうして鼻の毛穴に角栓が詰まってしまうのでしょうか?そして、一旦広がった毛穴はもう閉じないのでしょうか?

今回は、毛穴に角栓が詰まる原因と、正しい毛穴ケア方法について解説します。

スポンサーリンク

間違った鼻の毛穴ケアを続けると、角栓が詰まりやすい肌質に!

image5

鼻に角質がたまりやすくなる間違ったスキンケアをしていませんか?

間違ったケアを続けていると、肌がダメージを受け、皮脂の異常分泌が起こったり、肌の凹凸が大きくなり、ぽっかり毛穴になる恐れも。開いた毛穴には角栓が詰まりやすくなるため、慎重に毛穴ケアを行なっていく必要があります。

次のようなスキンケアを行なっていないか見直してみてください。

顔の洗い過ぎ

皮膚は、洗えば洗うほど皮脂や水分が失われてしまいます。素手で水仕事をする人の手が荒れやすいのはそのため。

皮膚表面の皮脂を除去しすぎると、皮膚を外敵から守るために、より多くの皮脂が分泌されるようになります。こうなると、さらに皮脂を洗い流すために洗顔を繰り返さなければならなくなり、負のスパイラルに陥ってしまいます。

皮脂分泌が多くても、皮膚の水分量は少ないという『隠れ乾燥肌』の人は少なくありません。皮脂分泌が多いからといって、1日に何度も洗顔料を使って顔を洗っているという方は注意が必要です。

強力なオイルクレンジング剤を使っている

オイルクレンジングはメイクを落としやすく、最も便利なクレンジング剤です。

しっかりと毛穴の汚れを洗い流すことは、肌にとっては決して悪いことではありません。しかし、濡れた手でも使えるような強力なクレンジング剤を使い続けると、肌に必要な皮脂まで奪われ、乾燥が進む恐れがあります。

鼻の毛穴パックを頻繁に使っている

鼻の毛穴パックは、ほんの小さな面積でくっついた角質を確実に取り除くために、非常に強力な粘着力があります。

そのため、剥がすときに鼻の表面の薄い皮膚まで剥がれてしまい、炎症を起こしたり、刺激が加わることでより角質がたまりやすい肌質へと変化する恐れがあります。

どうしても使いたい人は、できるだけ使用頻度を減らしたり、剥がすときにパックを湿らせるなどの工夫をする必要があります。

スクラブ入りの洗顔料を使っている

不要な角質が増加してしまう原因として、肌に繰り返しダメージが加わったり、乾燥しすぎることが挙げられます。

スクラブ入りのクレンジング剤や洗顔料が多く販売されていますが、これらも肌にとっては刺激が強いもの。

スクラブ洗顔をすると、洗顔後はツルツルになるため、肌が良くなったと勘違いしがちです。しかし、その実態は、ただ肌の表面を削って平らにしているだけ。

肌が薄くなることで、肌は自らを守るためにより多くの角質を生み出すことになります。繰り返し刺激を与えることで、ゴワゴワ肌の原因にもなります。

角栓を爪で取り除く・指で押し出す

鼻の角栓の除去方法で、一番やってはいけないのが、爪で無理やり取り除こうとしたり、指でニュルッと押し出す行為。

このような強い刺激を皮膚に加えると、角層が厚くなったり、皮脂の異常分泌が引き起こされます。また、摩擦によってメラニン色素が増加して、鼻周辺の皮膚が色素沈着を起こすこともあります。

さらに、鼻の毛穴に繰り返しダメージが加わることで、毛穴が余計に開いてクレーター状になったり、肌に修正不可能な凹凸が出来ることもあります。

鼻の毛穴を綺麗に保つ正しい毛穴ケア方法は?

そもそも、鼻の毛穴に詰まる角栓は、皮脂だけでなく、はがれ落ちた古い角質や汚れ、洗い残した化粧品などが固まったもの。70%がたんぱく質でできているため、クレンジングオイルやホットタオルを使っても、角栓を溶かし出すことはできません。

まずは、角質のたまりにくい、柔らかい肌質に改善していくことが必要です。

洗顔ホイップで優しく洗う

毛穴ケアの基本は、力を加えないで優しく洗うこと。

洗顔料を全く泡立てずにそのまま使っているという方もいるようですが、これも毛穴の汚れを落としきれない原因になってしまいます。

洗顔ネットなどを使い、しっかりとした洗顔ホイップを作り、泡でやわらかく肌を洗うという習慣を身につけましょう。

お湯につかり、鼻をマッサージする

半身浴をしながら、温まってふやけた鼻を指で優しくマッサージしましょう。鼻の毛穴全体が柔らかくなり、血行が良くなります。

毛穴が開いているので、この時点でスルッと角栓が抜け落ちてくることもあります。くれぐれも無理に押し出さないようにしてください。

必要以上に刺激を与えない

鼻周辺はよく触ってしまう場所です。しかし、触れば触るほど皮膚にはダメージが蓄積されます。

できるだけ素手では触らないようにし、綿棒で優しく触ったり、ティッシュや油取り紙で触れるようにしましょう。

特に多くの刺激を与えるのが鼻をかむ行為。アレルギー鼻炎や花粉症を持っている方は、鼻をかむときに強く鼻をこすらないように注意しましょう。

薬学博士が開発した医療技術に基づく毛穴ケア化粧品

image3

メイクやスキンケアに興味のある方なら、ビーグレンについて一度は耳にしたことがあるかもしれません。今、美容に敏感な女性たちの間で、このサイエンスコスメの毛穴ケアが注目されつつあります。

従来の化粧品は、ほとんど皮膚に浸透していない

カリフォルニア大学サンフランシスコ校で薬学を教えるケラー博士は言います。

『今までの化粧品がもつ致命的な問題は、そもそも成分が浸透しないこと。どんなに良い成分でも、毛穴の汚れを落とさずに、トラブルの原因までスキンケア成分届けなければ意味がありません。』

実は、私たちが日常使っている多くの洗顔料は毛穴の汚れを落とし切ることができないといいます。

また、化粧水や乳液も、肌の奥まで浸透することはなく、ただ肌表面にフタをして乾燥を防ぐという程度の効果しかないものがほとんどだというのです。

化粧品の成分は、皮膚からはほとんど浸透しない

ケラー博士は、30数年前から化粧品の成分を皮膚から浸透させる研究を行っていました。当時は、多くの研究者が、化粧品の成分はほとんど浸透しないという事実を認識しながらも、解決できずにいたのです。

つまり、あなたが今現在使っている毛穴ケア用の化粧品も、きちんと毛穴に届いていない可能性があります。毛穴に成分が届かなければ、いくら高価な化粧品を購入しても思ったような効果は得られません。これも効かなかった…とがっかりするのを繰り返すだけです。

それでは、きちんと化粧品の成分を肌の奥まで浸透させ、毛穴に届くようにするにはどうすれば良いのでしょうか?

この疑問に答えたのが、ケラー博士が発明したQuSome®(キューソーム)という国際間特許の浸透テクノロジーです。

元々は医療目的で開発されたこのテクノロジーを使い、ビーグレンという会社と共同開発をすることによって、毛穴ケアプログラムが生まれました。

ビーグレンの毛穴ケア トライアルセット

口コミ評価で広がる人気のサイエンスコスメ

ビーグレンは、大々的なTVCMを打ち出したり、派手な宣伝を行なわず、ほぼ口コミだけで人気を広げているサイエンスコスメです。電話でのしつこいセールスも一切なし。@コスメなどの評価サイトでも、毛穴が消えたとの声が多く寄せられ、高い評価を得ています。

ビーグレンは毛穴ケアに絶対的な自信を持っているので、365日という長期間の返金保証がついています。

トライアルセット(7日分)は送料・手数料込みで1800円。ちなみに、このトライアルセットを試した人うち、98.7%がアンケートに満足したと回答しています。

今まで何をしても毛穴が改善しなかったという方、まずはビーグレンの毛穴ケアトライアルセットから始めてみてはいかがでしょうか?

普段の化粧品とは全く違う、サイエンスコスメの威力をぜひお試しください。

毛穴
ビーグレンの毛穴ケア トライアルセット

おすすめ記事

顔が黄色くなるのはなぜ?その原因は糖化とカルボニル化にあった!

トマトの持つ驚きの美肌・若返り効果 鬱病や癌予防、ダイエットにも!

痒みを伴う乾燥肌を改善!ガサガサ肌を自宅で保湿ケアする方法とは

DMAEサプリの効果とは?記憶力が増加して美肌になるってホント?

もはや整形は不要!?目元の小じわやちりめん皺を自宅で改善するための対策とは

徹底比較!脱毛サロンと美容外科、脱毛するならどっち?メリット・デメリットは?

偏頭痛の原因と症状 自分でできる正しい対処法・絶対にやってはいけないこと

オトナの女子力では、女性の美容と健康に関する情報を発信しています。
スポンサーリンク