花粉症や鼻炎の方は注意!鼻のかみすぎで中耳炎や肌トラブルになる恐れも

image

花粉症の季節。鼻みずや鼻のムズムズで、鼻をかむ回数が増えたという方も多いのではないでしょうか?

あなたは、鼻をかみすぎてこんな症状が出たことはありませんか?

  • 耳が痛い
  • 耳が聞こえづらい
  • 耳鳴りがする・耳がキーンとする
  • 鼻の下が赤くなり、皮がむけた
  • 鼻の周りがヒリヒリする
  • 鼻血が出た

鼻のかみ過ぎは、危険な病気やトラブルを引き起こすことがあります。

今回は、正しい鼻のかみ方や、荒れた鼻のケア方法などについて解説します。

スポンサーリンク

鼻のかみ過ぎが中耳炎に!鼓膜に穴があいたケースも

image

鼻のかみ過ぎは、耳の病気を引き起こしやすくなります。特に花粉症が増える季節は、中耳炎や耳の炎症で耳鼻科を訪れる人が増えるのだとか。

中耳炎の中でも、鼻をかむことで引き起こしやすいのが『急性中耳炎』と『滲出性中耳炎』です。

急性中耳炎は、中耳に炎症が起こっている状態で、痛みが強いのが特徴。発熱や聴力の低下を伴う場合もあります。また、鼓膜に穴があくと耳だれが発生します。

滲出性中耳炎は、耳が詰まった感じ(耳閉感)や聴力低下があり、痛みを伴わないのが特徴です。

どうして中耳炎になるの?

鼻と耳は、喉の奥でつながっています。そのため、思いっきり鼻をすすったり、強く鼻をかんだりすると、鼻水が喉の奥から耳管を通って耳に侵入します。鼻水には細菌やウイルスが含まれているので、炎症を引き起こしてしまうのです。

また、強く鼻をかむことで、耳の中に圧力がかかり、鼓膜に穴が開くこともあります。

大人の耳管は子供よりも長く、傾斜があるため、中耳炎にはかかりにくいといわれています。しかし、一旦発症すると、症状が悪化しやすく、治癒に時間がかかる傾向があります。

中耳炎以外にも発症する恐れのある病気

急性副鼻腔炎』は、鼻炎から発症しやすい病気です。副鼻腔に炎症が起こり、膿が溜まることもあります。膿が排出されずに慢性化すると、『慢性副鼻腔炎(蓄膿症)』になることがあります。鼻水、鼻づまり、頭痛、咳などの症状があります。

中耳炎にならない鼻のかみ方は?

鼻のかみ方にはコツがあります。正しい鼻のかみ方をマスターして、鼻・耳・喉を痛めないようにしましょう。

片方ずつふさいで、左右順番に鼻をかむ

左右の鼻を同時にかむのは、鼓膜に負担をかける危険な行為です。片方の穴を塞ぎながら、もう片方の鼻をかむという風に、左右順番に鼻をかむようにしましょう。

一度に激しく鼻をかまず、数回にわけて優しくかむ

周りに響き渡るほどの大きな音を立てて鼻をかむ人がいますが、これは非常に危険な行為。中耳炎や鼓膜の炎症を引き起こすことがあります。

一度の全部の鼻水を出してしまおうとせず、数回にわけて少しずつ鼻をかむようにしましょう。

いつまでも鼻をすすらない

鼻をすするという行為は、身体の中に細菌やウイルスを取り込んでいることにほかなりません。せっかく鼻水で外に流そうとしている外敵を、自ら体内に取り入れることになるのです。鼻水が出た場合、鼻をすするよりも早めに鼻をかむ方が身体の負担になりません。

ちなみに、日本では鼻をすする人が多いのですが、欧米ではマナー違反。鼻をすすることは気持ちの悪い行為とみなされています。確かに、他人が鼻をすする音って気になりますよね。

鼻水が出た場合は、いつまでも鼻をすすらずに、早めに鼻をかんでしまいましょう。

鼻のかみ過ぎで鼻の周りが真っ赤に!対処法は?

鼻をかみすぎてヒリヒリしたり、真っ赤になって炎症を起こすことがあります。酷いケースでは、鼻の下の皮がむけて血や膿が出てしまい、ジュクジュクになってしまうことも。

鼻のかみ過ぎで鼻の周りが炎症を起こす原因としては、

  • 何度も強くこすりすぎることによる摩擦
  • ティッシュで脂分を拭き取ってしまうことによる乾燥
  • 鼻水がこびりつき、乾燥することによる炎症

などが挙げられます。

何度も強くこすると鼻が黒ずむ!?

鼻をかむときに、ついつい強くこすってしまうことがあります。そうすると、摩擦により鼻表面の皮が剥がれ落ち、炎症を起こすことがあります。

一時的な摩擦による炎症の場合は、軟膏などを使用して適切に対処することにより完治します。しかし、鼻をかむときに強くこすることが長年の習慣になってしまった場合、鼻が色素沈着を起こし、黒ずむことがあります。これは、『摩擦黒皮症』という症状によるものです。

摩擦黒皮症とは、皮膚が繰り返し摩擦の刺激を受けることによりメラニン色素が増加し、皮膚が黒ずむ症状です。摩擦黒皮症になるとメラニン色素が真皮にまで入り込むため、改善は難しいといわれています。

鼻の乾燥対策・保湿方法は?

  • マスクをつける (⇒花粉対策だけでなく保湿効果もある)
  • 湯船につかる(⇒湯気で鼻水が流れ、さっぱりする)
  • 保湿ティッシュを使う
  • 鼻をかむ前後にワセリンや軟膏で鼻表面を保護する(リップクリームで代用も可)
  • ハンカチなどを濡らして残った鼻水を拭きとる
  • 夜は、化粧水・乳液・軟膏などでしっかりと保湿する

正しい鼻のかみ方・まとめ

何気なく行なっている鼻をかむという行為。実は、間違った方法で行なうと、様々なトラブルを引き起こすことがお分かりいただけたでしょうか?

正しい鼻のかみ方をもう一度おさらいしておきましょう。

  • 片方ずつふさいで左右順番に鼻をかむ
  • 一度に激しく鼻をかまず、数回にわけて優しくかむ
  • いつまでも鼻をすすらない
  • 鼻表面をティッシュで強くこすらない

花粉症関連記事もご参照ください。

花粉症に効くことが証明された食べ物6つ お茶やヨーグルトが症状を抑えるってホント?
【花粉症の治療法まとめ】注射・レーザーなど病院で行なう治療や薬について
今からやるべき花粉症予防!早めの対策が症状を軽減する!

こちらの記事もあわせてどうぞ。

トマトの持つ驚きの美肌・若返り効果 鬱病や癌予防、ダイエットにも!
糖質制限中でもOK!お米のカロリーを劇的に減らす方法を伝授!
卵は1日何個まで?高コレステロールなのにダイエットに使えるってホント?
白髪染めによるパラフェニレンジアミンアレルギーの症状が危険!安全な髪染め方法は?

自分でできるアンチエイジング講座では、女性の美容と健康に関する情報を発信しています。
スポンサーリンク