今からやるべき花粉症予防!早めの対策が症状を軽減する!

image

花粉症体質の人にとっては、憂鬱な季節がやってきました。

毎年、この時期をどうやって乗り越えるべきかと悩む人も多いのではないでしょうか?

一旦花粉症の症状が出ると、化粧が崩れてドロドロになったり、集中力が落ちて仕事の効率が悪くなったりと、様々な面からも問題が出てきます。

花粉が本格的に飛び交う前に、早めの花粉症対策が必須です。

現在では、様々な花粉症予防のための対策が打ち出されています。それらを利用することで、症状の軽減を図っていきましょう。

スポンサーリンク

花粉症の主な症状とは?

image

花粉症は、花粉が抗原となって引き起こされるアレルギー疾患です。

日本で圧倒的に多く、よくニュースでも話題になるのがスギ花粉。スギ花粉は、冬の終わり頃から春にかけて大量に空中を舞い、人の体内に入ることでアレルギー反応を起こします。ちなみに、スギ花粉の他にもヒノキやイネ、ブタクサなど多くの植物が花粉症を引き起こすとされています。

花粉症の症状としては、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目の痒みなどが代表的です。

これらの症状は、体内に入ってきた花粉(アレルゲン)に対する身体の防御反応によって起こります。

アレルゲンである花粉が大量に体内に侵入すると、身体はまずこれらが敵かどうかを判断します。敵と判断すると、抗体を生み出し、花粉を排除しようとします。

本来ならば、抗体は身体を守るためのもの。しかし、抗体が作られすぎると、免疫反応が過剰になり、くしゃみや鼻水など様々な症状が起こります。このような、花粉に対するアレルギー反応が『花粉症』の正体なのです。

花粉症の症状は、飛び交う花粉の量や、その人の体調・体質によっても異なります。

元々花粉症の症状が出たことがなかったという人でも、ある日突然花粉症になることもあります。

近年、スギ花粉の飛散量は増加し続けています。今は花粉症ではないとしても、今後発症する可能性はありますので、あらかじめ花粉の侵入を防いだり、予防対策を行なうことが大切です。

風邪と花粉症の違いは?

花粉症の症状といえば、くしゃみや鼻水。それらは風邪の症状とも似ています。どうやって見分ければ良いのでしょうか?

目の痒みがある

花粉症になると、尋常ではないほどのムズムズとした目の痒みに襲われることがあります。これは、目に花粉が入ることで抗体が作られ、結膜の血管が拡張することによるもの。異物を洗い流すために涙の量が増えることもあります。

一方、風邪の場合は目の痒みが起こることはほぼありません。

水のような鼻みずが出る

花粉症における鼻水は、粘性が無く、さらさらとした水のような状態で垂れてくるという特徴があります。

くしゃみが止まらない

花粉症のくしゃみは、鼻のムズムズによって引き起こされることが多く、何度も連続して出るのが特徴です。鼻や喉の奥に耐え難い痒みを伴うこともあります。

なかなか治らない

一般的に、風邪は数日から1週間ほどで治りますが、花粉症は花粉が飛散する期間ずっと続きます。

花粉症の症状が酷い場合には、頭痛倦怠感が起こることもあります。

花粉症の症状を軽減するための予防・対策

花粉症は予防対策を行なうことで、症状を軽減することが可能です。

症状が出ないうちからマスクをつける

花粉症の必須アイテムといえば、マスク。症状が出る前からつけ始めると、花粉症予防になります。

マスクは安いものでも十分に機能しますので、多めに用意しておき、家だけでなく職場などにも予備を置いておきましょう。

以下の点にも注意してください。

  • 一度使ったマスクはすぐにゴミ箱に捨てる。
  • 1日に何度も使い回さない。
  • 使用済みのマスクをテーブルなどに置かない。

建物に入る前に花粉を落とす

外を歩き回ると、髪の毛や洋服などに花粉が大量に付着します。建物に入る前に、髪や洋服についた花粉を払うことを忘れないようにしましょう。

部屋の中を加湿する

部屋の中の空気が乾燥していると、花粉が舞い散り、体内に入りやすくなります。加湿器等を使って湿度を上げることで、花粉が空気中に舞うのを防ぐことができます。

加湿器がない場合は、容器に水を入れて部屋に置いたり、濡れたタオルを干すだけでも部屋の湿度を調整することが可能です。

滑らかな手触りの洋服を着る

ダウンジャケットやレザージャケットなど表面が滑らかな素材の洋服は、花粉が付着しにくいのでおすすめです。仮に花粉が洋服についてしまった場合でも、ぽんぽんとはたくだけで花粉の大部分を落とすことができます。

逆に、ふんわりとしたニット素材やウールなどの厚手で目地が粗い素材の洋服は、花粉が付着しやすく、生地の奥に入り込みやすいので花粉の季節には不向きと言えます。

花粉防止クリームを塗る

外出時には、鼻の穴に花粉の侵入を防ぐクリームを塗っておくと、花粉が粘膜に付着するのを防いでくれます。

このクリームには花粉症の症状を軽減する薬効成分は入っていませんが、花粉をシャットアウトするので、毎年酷い症状に悩まされるという方にはおすすめです。

花粉防止クリームは薬局などで購入できます。

抗アレルギー薬を処方してもらう

花粉症時の症状が重くなってから治療しても、改善するまでに時間がかかります。現在では、花粉が飛び始める前から治療を行なう『初期療法(初期治療)』が進んでいます。抗アレルギー薬を医師に処方してもらい、予防的に用いる方法です。

花粉症の症状が出る2週間ほど前から薬を使用することで、重症化を防ぎます。

初期療法で処方される薬は5種類。

  • 第2世代抗ヒスタミン薬
  • 抗ロイコトリエン薬
  • ケミカルメディエーター遊離抑制薬
  • Th2サイトカイン阻害薬
  • 抗プロスタグランジンD2・トロンボキサンチンA2薬

病院で診察を受け、医師の指導の元で薬を飲むようにしてください。

レーザー治療を行なう

鼻の粘膜の一部をレーザーで焼くことによって、アレルギー反応を抑える治療法もあります。ただし、粘膜は再生するため、症状が一生抑えられるというわけではなく、一定期間を過ぎれば再発することもあります。

花粉症対策はできるだけ早めが肝心です。

スギ花粉が舞う季節は地域によって微妙に異なります。ニュースなどを参考に、お住まいの地域の花粉が飛散する時期を把握しておくことも大切です。

病院で行なえる治療法や薬については以下の記事をご参照ください。

【花粉症の治療法まとめ】注射・レーザーなど病院で行なう治療や薬について

PUCK UP記事

トマトの持つ驚きの美肌・若返り効果 鬱病や癌予防、ダイエットにも!
知ってた?インフルエンザと風邪の症状の違い・簡単な見分け方について
1日の適正な塩分摂取量は?味が薄くならない減塩方法ってないの?
顔が黄色くなるのはなぜ?その原因は糖化とカルボニル化にあった!

自分でできるアンチエイジング講座では、女性の美容と健康に関する情報を発信しています。
スポンサーリンク