【花粉症の治療法まとめ】注射・レーザーなど病院で行なう治療や薬について

image5

花粉症の治療には、花粉症治療薬を使った治療法の他に、免疫療法や手術療法があります。いずれも保険適用です。

毎年、重い花粉症の症状に悩まされているという方は、症状が出ないうちにお早めに病院を受診されることをおすすめします。

それぞれについて分かりやすく解説していますので、今後どういった治療を行なうかの計画のご参考にしてください。

スポンサーリンク

花粉症の治療法① 花粉症治療薬の使用

花粉症の治療で一般的に行なわれる治療法の一つに、花粉症治療薬の使用が挙げられます。中でも、花粉症の症状が出る前から予防的に行なう初期療法に期待が寄せられています。

薬を使った花粉症の治療には、症状が出る前から治療をはじめる『初期療法』、症状が強くなってから初めて行なう『導入療法』、安定した症状を維持する『維持療法』があります。

初期療法

初期療法は、花粉症の症状が出ていない早期の段階から治療をはじめます。花粉が飛散し始める2週間ほど前から治療をはじめるのが有効とされています。症状が出ないうちから治療をはじめることで、花粉症を予防し、重症化を防ぎ、症状を早期に終わらせることができます。

使用される薬は、患者の症状や体質などにより異なります。毎年どのような症状が出るかを細かく思い出しておき、医師に相談すると良いでしょう。

また、薬には眠気などの副作用があるものも含まれています。日常生活に支障が出ないように薬を選ぶことも大切です。

初期療法で使用される薬は以下の5種類です。

  • 第2世代抗ヒスタミン薬
  • 抗ロイコトリエン薬
  • ケミカルメディエーター遊離抑制薬
  • Th2サイトカイン阻害薬
  • 抗プロスタグランジンD2・トロンボキサンチンA2薬

導入療法

導入療法は、初期療法を受けずに、花粉症の症状が強くなってしまってから行なう治療法です。

主に、症状をやわらげる治療を行ないます。炎症を抑える作用のある経口ステロイド薬を一時的短期的に服用したり、鼻噴霧用ステロイド薬(点鼻薬)などの局所ステロイド薬を使用します。

ステロイド薬には副作用があるため、長期間の使用はできません。症状が治まれば維持療法に移行します。

維持療法

維持療法では、初期療法や導入療法で症状が抑えられた状態を維持するための治療を行ないます。抗アレルギー薬の服用を続けながら、症状に応じて抗ヒスタミン薬、局所ステロイド薬を使用します。

症状が改善しても、花粉の飛散期間中は治療を継続して行なう必要があります。

花粉症の治療法② 免疫療法

免疫療法は、アレルゲンを少ない量から徐々に体内に入れていき、身体に慣れさせることで体質を変えていこうとする治療法です。現在では『皮下免疫療法』と『舌下免疫療法』があります。

この方法では、全ての人が症状の改善に向かうわけではなく、10〜20%の人には改善・効果がみられなかったという報告があります。

皮下注射による免疫療法

  • 保険適用

皮下免疫療法は、注射による免疫療法です。

1960年代から行なわれており、保険適用となっています。幅広く行なわれている最も一般的な治療法といえます。

方法としては、スギ花粉を含んだ注射液を皮下注射します。その際、低い濃度から徐々に濃度をあげながら様子を見ます。注射は毎週1回、4〜6ヶ月程度続けます。最大濃度に達した時点で注射の間隔を開け、月に1回の注射となります。これを3年以上続けます。

舌下投与による免疫療法

  • 保険適用

現在、皮下免疫療法に変わる方法として期待されているのが舌下免疫療法です。

注射による免疫療法では痛みがあることや、通院の大変さという問題がありました。また、副作用の問題があるため、対象は小学生以上に限られています。しかし、舌下免疫療法であれば、安全かつ簡易的に治療を行なうことができます。

舌下免疫療法は、2014年に初めて保険適用となりました。

具体的な方法は、スギ花粉を抽出した薬を下の裏に滴下し、2分間保持した後に飲み込みます。2週間は様子を見ながら徐々に量を増やしていき、3週目から同じ量の薬を毎日投与します。

皮下免疫療法のメリットは、副作用が出にくいので幼児から高齢者まで治療が行なえること、ショックを起こしにくいこと、最初の1回目の投与以外は自宅で行なえるということなどがあります。

ただし、この治療法はスギ花粉が飛散する時期には行えません。

花粉症の治療法③ 手術

花粉症治療における手術には、切らない手術である『レーザー治療』と『後鼻神経切断術』があります。それぞれの手術法と効果持続期間についてご紹介します。

レーザー治療

  • 保険適用

花粉症のレーザー治療は、鼻の粘膜にレーザーを照射して粘膜を焼くことで、アレルギー反応を起こしにくくするという治療法です。症状が重く、日常生活に支障をきたすという方、薬の服用を減らしたい方が対象です。

この方法は特に副作用がなく、レーザー機材によっては術中の痛みもほとんどなく終えることができます。

手術後3日から1週間ほどで鼻の通りが良くなり、症状が治まります。効果は数ヶ月から数年程度とされています。

レーザー治療は花粉が飛散する前に治療を行なっておくのが理想です。

後鼻神経切断術

  • 保険適用

後鼻神経切断術は、鼻の中に内視鏡を入れ、粘膜を焼きながら後鼻神経を切断する手術です。特に花粉症の症状が重い場合に効果的です。この方法は、内視鏡を用いて鼻腔から0.5mmほどの太さの副交感神経を露出させ、切断するというもの。

後鼻神経切断術は治療効果が高く、長期間効果を維持できる治療法ですが、症状が再発することもあります。

より適切な治療を行なうために

医師に相談する際には、特に重い症状に関する情報や、症状の出始めた時期、普段の仕事や日常生活への支障、合併症の有無などを伝えておくことをおすすめします。

自分でできる花粉症予防法については以下の記事をご参照ください。

今からやるべき花粉症予防!早めの対策が症状を軽減する!

こちらの記事も合わせてどうぞ。

シミ・くすみの原因にも!弱った肝機能を改善させる肝臓に良い食べ物8つ
1日の適正な塩分摂取量は?味が薄くならない減塩方法ってないの?
白髪が生える原因は?何歳くらいから増える?治す方法は?
鉄分不足は万病の元!鉄欠乏性貧血による症状と対策について

自分でできるアンチエイジング講座では、女性の美容と健康に関する情報を発信しています。
スポンサーリンク