ちくびの黒ずみを改善してピンク色にするには?色素沈着を起こす原因と対処法

image3

ちくびの色に悩む女性は少なくありません。

このページをご覧になった方の中には、人に相談することもできず、一人で悩み続けている方もいるのではないでしょうか?

  • 原因は分からないけど、気がついたらいつの間にか黒ずんでいた
  • 生まれつきほかの人より色が濃いみたい
  • ピンク色のちくびになりたい

今回は、誰にも言えないちくびの色のお悩みを解決する方法について解説します。

ちくびが黒くなるのは遺伝や繊維の刺激が原因!

実は、ちくびの色は遺伝や体質によるものがほとんどです。生まれつき肌の色や姿形が異なるように、ちくびの色も人それぞれなのです。

しかし、黒ずんだちくびにネガティブな印象を持つ男性が8割近くいるというアンケート結果も存在します。中には、ちくびの色と性体験を結びつけて考える人もいるようです。

このような心ない噂や間違った知識によって、傷ついている女性も多いのが実情です。

ちくびの黒ずみが起こる原因

乳首の色が濃くなるのは、以下のような原因があります。

  • 遺伝
  • 下着などの繊維の刺激
  • 間違ったケア方法
  • 出産

遺伝

乳首の色の多くは遺伝によるものです。その人が元々持っている肌の色は、尋常性白斑などの病気や特別な理由がない限り、そう簡単には変わりません。

下着などの繊維の刺激

乳首の黒ずみは、下着と擦れることによって色素沈着を起こしてしまうことにも原因があります。

特にアトピーや乾燥肌などの皮膚が弱い方は、化学繊維が肌に触れると炎症を起こし、メラニン色素が増加して、皮膚の一部が黒ずみを起こすこともあります。

間違ったケア方法

間違ったケア方法でメラニン色素が増加してしまうこともあります。

例えば、皮膚をナイロンタオルなどで強くこすると、逆にメラニン色素が増加し、黒ずみが酷くなります。これは俗にいう摩擦黒皮症・ナイロンタオル黒皮症といわれるものです。

激しい摩擦は色素沈着を起こしやすくなるため、注意が必要です。

出産

子供を経験したことのある女性は、乳首や乳輪の色が濃くなる傾向にあります。これは、授乳のときに、赤ちゃんに乳首の場所が分かりやすくなるための身体の自然な変化です。

ちくびの黒ずみを改善する正しいケア方法とは?

ちくびが黒ずんでしまう原因についてみてきましたが、あなたが当てはまるものはありましたか?

ここからは、ちくびの黒ずみを改善するための具体的なケア方法について見ていきましょう。

ちくびの黒ずみのケア方法とは?

ちくびの美白ケアを行なう上で、絶対にやってはいけないのが摩擦を与えること。強くこするとメラニン色素の分泌が増え、色素沈着を引き起こします。お風呂で洗うときにも、泡で柔らかく洗うようにし、できるだけ強い刺激や摩擦を加えないようにしましょう。

また、ピーリング剤などの強い薬剤を使うと、体質によっては余計にメラニン色素が分泌され、濃い色に変化してしまう場合があります。敏感な部分ですので、肌に優しい美白美容液や保湿剤を使用するようにしましょう。

下着類は静電気の起きにくい滑らかな綿素材やシルク素材のものがおすすめ。化学繊維は肌に触れると静電気を起こしやすく、繊維のとげが肌に刺激を与えて肌荒れを起こすケースもあります。

食事で気をつけることとしては、美白効果のあるビタミンを多く摂取するようにしましょう。もちろん、サプリメントで摂取してもOKです。

美容外科が開発した、黒ずみにしっかり届く美白クリーム

ホスピピュアは、湘南美容外科クリニックが共同開発した薬用美白クリームです。

乳首や乳輪など、敏感な部分の黒ずみに人知れず悩んでいる女性が多いことに着目。女性の肌のさまざまな悩みに応えてきた美容のプロが、研究に研究を重ねて開発した商品です。

美白効果の高いトラネキサム酸をはじめ、美白成分・美肌成分をたっぷりと配合。

誰にも相談できずに一人でお悩みの方や、医師に患部を見せることに抵抗があるという方も、美容外科クオリティーの美白クリームを自宅でお使いいただくことが可能です。

また、商品名やブランド名を無記名にし、中身が分からないように配送されますので、家族に内緒で購入したい方にも安心

こんな方におすすめ!

  • 脇・肘・膝などの黒ずみが気になる方
  • 乳首やVラインなどデリケートな部分の黒ずみにお悩みの方
  • 顔のシミやくすみでお悩みの方

バストトップやデリケートゾーンなどはもちろんのこと、顔や体中にもお使いいただけます。安心の90日間返金保証付き。



薬用美白クリーム【ホスピピュア】(公式サイト)

自分でできるアンチエイジング講座では、女性の美容と健康に関する情報を発信しています。