【ゴルゴ線】を自力で消す方法 頬の斜めラインが老け顔の原因に!

image

老け顔の原因の一つといわれる『ゴルゴ線』。

目立つ場所にあるだけに、メイクで隠すこともできないし、写真にもくっきりと頬のラインが写ってしまいます。

できれば消してしまいたいゴルゴ線ですが、老化現象による顔の変化として諦めるしかないのでしょうか?

整形は怖いし、手が出せそうもない。

そんなあなたのために、今回は、ゴルゴ線ができてしまう原因や、できやすい人の特徴、ゴルゴ線を自力で消す方法について解説します。

(photo by lauraflorcar)

スポンサーリンク

頬にゴルゴ線が出てしまう原因とは?

まるでゴルゴ13のように、頬の真ん中に斜めに入っている謎の線。

これが俗にいうゴルゴ線(ゴルゴライン・ミッドチークライン)です。

image
(出典: さいとう・プロダクション)

男性の俳優さんの頬にあると、より味が出たり、貫禄が増して見えるゴルゴ線ですが、女性の頬にあると一気に老けた印象に。ゴルゴ線があるのとないのとでは、見た目年齢が5〜10歳は違うという声もあります。

それだけではありません。

ゴルゴ線があると、なんとなく疲れているように見られたり、不機嫌そうに見られることも。全然そんなことはないのに、『疲れてる?』なんて聞かれたことはありませんか?

そもそも、ゴルゴ線とは一体何なのでしょうか?どうして頬に線が入ってしまうのでしょうか?

ゴルゴ線ができる原因

表情筋が衰えている

顔に張り巡らされた筋肉を表情筋といいます。表情筋が衰えると、皮下脂肪を支えることができなくなり、顔表面の皮膚が徐々に垂れ下がっていきます。

表情筋の中でも、『大頬骨筋』『上唇挙筋』の衰えが大きく影響しています。

▼大頬骨筋

image

▼上唇挙筋

image

頬の毛穴が縦長になっている方の多くは皮膚のたるみが発生しています。これが顕著になるとゴルゴ線が目立つ傾向にあります。

頬の脂肪が少ない

加齢によって顔の脂肪が減少してくると、肌のハリがなくなり、コラーゲンも減少していきます。いわゆる『げっそり顔』の状態です。

食事制限によるダイエットで急激に体重を落とした人も『げっそり顔』になりやすく、早くからゴルゴ線が出やすい傾向にあります。このタイプの人も表情筋が衰えていることが多く、筋肉がやせ衰えているため、余分な肉がつきにくい状態になっています。

PCやスマホを長時間眺めることが多い

PCやスマホの画面を長時間見る習慣がある方は要注意。今この瞬間、口をぽかんと開けて画面を見ていませんでしたか?

モニターを長時間見ているとき、人は顔の筋肉を弛緩させていることが多いのです。また、瞬きの回数が極端に減り、ドライアイや眼輪筋の衰えが起こります。その結果、下瞼の筋肉が衰え、頬の筋肉も痩せてしまいます。

紫外線対策をしていない

紫外線で肌の水分が失われると、肌のコラーゲンがダメージを受け、皺やたるみの原因になります。紫外線は肌を老化させる一番の原因といわれています。どんなに短い時間でも、外に出るときは紫外線対策を行う必要があります。

ゴルゴ線が出やすい人の特徴

image

ゴルゴ線が出やすい人の特徴を一つ挙げるとすれば、無表情の人が多いということ。笑顔を作っても、口だけが笑っていて、目は笑っていない人っていますよね。

人は、様々な表情の中でも笑うときに最も顔の筋肉を使います。ところが、無表情の人は、顔の上半分の筋肉をあまり使う機会がないため、頬や目の周りの筋肉が極端に衰えやすくなります。

しかも、本人としては普通に笑っているつもりなので、笑顔が不自然なことや表情が乏しいことに全く気がつかないのです。そういう人は、他人からなんとなく不機嫌そうに見られたり、怖い人だと誤解されがち。

あなたも気付かないうちに、『無表情でなんだか怖い人』になっていませんか?

ゴルゴ線を自力で消す方法

では、具体的にどうすればゴルゴ線を消すことができるのでしょうか。

顔の筋肉を鍛えることと顔をふっくらさせることの2つの観点から、自力でゴルゴ線を消す方法についてご紹介します。

表情筋を鍛えてゴルゴ線を消す

ゴルゴ線を消すためには、『笑顔のトレーニング』を行ないます。

まずは、目が全く開かなくなるくらいに頬を持ち上げて、満面の笑顔を作ります。下瞼や法令線などの皺ができやすい場所は、指で皮膚を押さえて皺ができないようにしてください。

ここで、さらにもう一段階加えます。

口を『お』の発音の形に尖らせて、そのまま顔の上半分だけでさきほどの満面の笑顔を作ります。普通に笑顔を作るよりも表情筋に負荷がかかるはずです。

表情筋は、身体の筋肉に比べて鍛えやすいといわれています。鍛えれば鍛えるほど筋肉が太くなりますし、その上に適度な脂肪がつきやすくなります。

家でテレビを見ながらでも結構ですので、毎日時間を作って練習しましょう。正しい方法で表情筋を鍛えれば、ゴルゴ線は必ず薄くなります。

このトレーニングは顔全体の表情筋を鍛えることになりますので、ゴルゴ線だけでなく目の下のたるみや法令線にも効きます。また、涙袋を大きくする効果も期待できます。

筋肉が痛くなるまで繰り返し行なうことが肝心!

毎日、顔の筋肉が痛くなるくらいまでトレーニングを繰り返し行ないましょう。

たったこれだけで良いの?という声が聞こえてきそうですが、それだけ多くの人が普段から表情筋を使っていません。

はじめのうちは顔に筋肉痛が生じることもあります。筋肉痛が出れば出るほど筋肉に効いているということです。頑張った分だけ効果が出ますので、ぜひトライしてみてください。

コラーゲンを摂取する

ゴルゴ線を消すためには、頬をふっくらとさせる必要があります。そのためには、コラーゲンの摂取が効果的。

なかには『コラーゲンを摂取しても排出されるから効果がないのでは?』と疑問に思っている方もいるかもしれません。

確かに、過去には、コラーゲンはアミノ酸に分解されるため摂取しても意味がないという意見もありました。しかし、最新の研究により、摂取したコラーゲンは内臓や骨、関節など身体全体の細胞にまで到達するということが明らかになっています。

また、コラーゲンを摂取することで繊維芽細胞を刺激し、肌が自らコラーゲンを作り出すという報告もあります。

つまり、コラーゲンを摂取することで、きちんと細胞の隅々にまで到達しますし、そのコラーゲンが呼び水となって自らコラーゲンを生成し始めるということが明らかになっているのです。

コラーゲンは筋肉の成長に必要な成分でもあるため、表情筋を鍛えながらコラーゲンを摂取することで、筋肉を修復しながら発達させることにも役立ちます。

コラーゲンは吸収されやすいドリンクタイプを選ぶ

コラーゲンは豚足や鶏皮などに多く含まれていますが、これらを毎日摂取しようとすると、どうしても気になるのがカロリー。

体重を増やさずにコラーゲンを摂りたいなら、サプリメントで摂取するのがおすすめです。吸収されやすいのはタブレットよりもドリンクタイプです。

アスコラ
アスタリフトドリンクコラーゲン10000

ゴルゴ線を消すには、いつも笑顔でいることが大切!

以上、ゴルゴ線を消す方法について解説しました。

もう一度おさらいしておきましょう。

  • 表情筋を鍛えることで、筋肉を太くする
  • 表情筋を鍛えて、皮膚を厚くする
  • コラーゲンを摂取して肌にハリと厚みを出す
  • コラーゲンの摂取が呼び水となり、自らもコラーゲンを生成するようになる
  • コラーゲンは筋肉の修復や発達に役立つ

さて、手鏡を用意してください。

あなたの普段の笑顔と、表情筋を精一杯使った笑顔を見比べてみましょう。どちらの笑顔がより魅力的でしょうか?

いつもにこやかで柔らかい雰囲気のある女性はとても素敵ですし、周りからも良い印象を持たれます。

素敵な笑顔は一日にしてならず。

毎日笑顔の練習をして、ふっくらほっぺの素敵な女性を目指しましょう。

こちらの記事も合わせてどうぞ。

もはや整形は不要!目元の小じわやちりめん皺を自宅で改善するための対策とは
イライラする原因は心の癖のせいだった!考え方を変えて気楽に生きる10の方法
鼻の毛穴が全開で角栓がみっちり詰まってる!しっかり閉じる毛穴ケア方法は?
白髪が生える原因は?何歳くらいから増える?治す方法は?
ちくびの黒ずみを改善してピンク色にするには?色素沈着を起こす原因と対処法

自分でできるアンチエイジング講座では、女性の美容と健康に関する情報を発信しています。
スポンサーリンク