女性に多い膀胱炎の原因と治し方 今すぐ痛みをやわらげるには?

image

排尿痛や残尿感でつらい膀胱炎。なかなか治らなくてお悩みの女性は多いのではないでしょうか。

実に、女性の5人に1人が膀胱炎であるという報告もあります。

今回は、女性に多い膀胱炎の原因と治し方、更年期の膀胱炎、病院での治療法などについて解説します。

スポンサーリンク

女性に多い膀胱炎ってどんな病気?

膀胱炎とは、細菌の繁殖によって、膀胱の粘膜に炎症が起こる病気です。

多くの人が挙げる症状としては、残尿感や排尿時の痛み、頻尿などがあります。

膀胱炎の症状

  • おしっこをした後、下腹部に絞り出すような痛みがある
  • 強い尿意を感じるが、トイレに行ってもさほど出ない
  • 酷くなると、1日中我慢できないほどの尿意を感じる
  • おしっこをした後に残尿感がある

初期の膀胱炎では、なんとなく排尿した後に残尿感が残るようになります。

トイレに行ったばかりなのに、すぐに尿意を感じるようになり、頻繁にトイレに駆け込むということもあります。

排尿時には、下腹部に絞り出すような強い痛みを感じます。

尿を観察すると、白い浮遊物が混じっていたり、血が混じっていることがあります。

膀胱炎自体は排尿痛や頻尿が主な症状ですが、放置すると痛みが強くなり、高熱が出ることもあります。さらに、腎盂腎炎などを引き起こすこともあります。

できるだけ早めに対処することが大切です。

膀胱炎の原因

膀胱炎は、膀胱に炎症が起こり、膀胱の機能に障害が出てしまう病気です。膀胱炎の多くは細菌の感染によって引き起こされます。

細菌の感染経路は主に『尿道』です。

元々、膀胱内には細菌がわずかに存在していますが、膀胱には細菌への抵抗力があるため、通常は感染が起こることはありません。しかし、病気疲労ストレスなどで抵抗力が落ちると、細菌に感染しやすくなります。

また、尿意を催してもすぐにトイレに行かず、何時間も放置するというようなことが頻繁にあると、膀胱内の細菌が増加し、膀胱炎になることがあります。

その他、性交渉や患部を不潔にするなどの原因で細菌が繁殖するケースもあります。

膀胱炎の原因となる細菌

膀胱炎の原因になる細菌には、大腸菌、ブドウ球菌、セラチア菌、腸球菌、プロテウスなどがあります。そのなかでも80%は大腸菌による感染であるといわれています。

女性が膀胱炎になりやすい理由

女性の5人に1人が膀胱炎であるだけでなく、女性は膀胱炎を再発しやすいと言われています。

その理由は、女性の身体の構造にあります。

女性の尿道は4~5cm程度で、男性と比べると1/3ほどしかありません。

女性の場合、細菌のいる肛門や膣が尿道の近くにあり、構造的にも外部から細菌が侵入しやすくなっているのです。

更年期の膀胱炎

膀胱炎は、更年期の女性に多いといわれています。

更年期になると、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少します。

エストロゲンには子宮や膣、膀胱などの粘膜を潤して保護する働きがありますが、分泌量が減ると、粘膜が薄くなり、抵抗力が弱くなります。そのため、粘膜に炎症を起こしやすくなってしまうのです。

更年期の膀胱炎は、一般的な膀胱炎とは異なり、細菌性の病気ではありません。そのため、尿検査を行なっても異常がないと診断されます。

このような場合は、女性ホルモンの服用が効果的です。

膀胱炎になったと思ったら、まずやるべきこと

image7

膀胱炎になってしまったら、まず何をすればいいのでしょうか?

水分をできるだけ摂取する

膀胱炎の症状が出たと思ったら、まずは水(もしくは白湯)をできるだけたくさん飲み、次に尿意を催すまで待ちましょう。

初期の膀胱炎なら、これだけで自然治癒してしまうこともおおいようです。これは、大量の尿が膀胱に繁殖した菌をきれいに洗い流してくれるためです。

膀胱炎になったら、とにかく水を飲むことが大切です。

おなかを温める

身体が冷えていると、膀胱炎の症状がより強くなったり、痛みを感じやすくなります。

おなかを温めることで、症状が緩和され、痛みをやわらげることが可能です。

膀胱炎は何科を受診すれば良い?薬は?

image

膀胱炎の治療には、泌尿器科を受診します。

問診と尿検査があり、尿の中に細菌が一定以上あれば、膀胱炎と診断されます。

尿検査で菌の種類が特定されれば、その菌を殺すための抗生物質を処方されます。抗生物質を飲めば、早い人で数時間で効果が現れ、膀胱炎の症状が楽になります。

症状が楽になると薬を飲むのを途中でやめてしまう人がいますが、膀胱内の細菌が残っていて再発を繰り返す可能性があります。処方された薬はしっかりと最後まで飲むようにしてください。

妊娠している場合は?

妊娠中に膀胱炎の症状が出た場合は、まずはかかりつけの産婦人科医に相談しましょう。

膀胱炎が悪化すると胎児に影響が出る場合があります。そのため、妊娠中は、症状が軽くても抗生物質を処方します。

膀胱炎を繰り返す人が気をつけるべきこと

膀胱炎は、一度かかると再発することが多くなります。

何度も膀胱炎の症状を繰り返すと、日常生活もままならず、精神的にも疲れてしまいますね。

膀胱炎が再発しやすい人は、ストレスや病気などで体力が落ちていたり、抵抗力が弱くなっていることが考えられます。

仕事や家事に追われ、日常的に疲れがたまっている人も同様です。

無理をしすぎないようにしっかりと休息し、心と身体のストレスを取り除いていく必要があります。

また、普段から健康的な食生活を送り、毎日少しでも運動をして、体力をつけていくことも大切です。

こちらの記事も合わせてどうぞ。

もはや整形は不要!目元の小じわやちりめん皺を自宅で改善するための対策とは
【ゴルゴ線】を自力で消す方法 頬の斜めラインが老け顔の原因に!
ちくびの黒ずみを改善してピンク色にするには?色素沈着を起こす原因と対処法
鼻の毛穴が全開で角栓がみっちり詰まってる!しっかり閉じる毛穴ケア方法は?
疲れているのに、眠いのに、全然寝れない!眠れない原因と不眠解消法

自分でできるアンチエイジング講座では、女性の美容と健康に関する情報を発信しています。
スポンサーリンク