甘いものがやめられない!それは砂糖依存症のせいかも?

image7

あなたは甘いものが好きですか?毎日何気なく甘いものを口にしたりはしていませんか?

甘いものが食べたいという気持ち、実は砂糖依存症からきているものかもしれません。甘いものがやめられなくなる砂糖依存症や低血糖の危険性についてご紹介します。

スポンサーリンク

砂糖依存症に陥ると恐ろしい悪循環に!

image

砂糖には麻薬に似た依存性があります。

砂糖を摂取すると、脳内にドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリンなどの脳内神経伝達物質が分泌されます。これらは脳内麻薬とも呼ばれるもので、リラックス感や満足感、幸福感を感じさせる性質があります。

甘いものを食べると安易に幸福感を感じることができるので、快感を得るためにますます脳が砂糖を欲するようになります。症状が進むと、1日中甘いもののことを考えずにはいられなくなり、砂糖がなければ精神が不安定になるという砂糖依存症に陥る可能性があります。

砂糖依存症チェック

もしこんな症状が一つでも当てはなるなら、あなたは砂糖依存症かもしれません。

  • いつも甘いもののことばかり考えてしまう
  • 甘いものを食べ始めると止まらなくなる
  • 甘いものを食べるとイライラが治まる
  • 甘いものをむさぼり食いしてしまう
  • 甘いものを食べないと、身体のだるさがとれない
  • 甘いものを食べないと、頭がぼーっとする

砂糖依存症の症状とは?

image

砂糖への渇望

とにかく、甘いものへの渇望が強くなります。食べれば食べるほど、もっと欲しくなります。一瞬は満足するのですが、すぐに渇望があらわれ、次の甘いものへと欲望が移ります。

むさぼり食い

一度砂糖依存症に陥ると、どんどん甘いものの摂取量が増加していきます。最終的には大量のお菓子をむさぼるように食べなければ満足できなくなります。こうなると、自分の意志の強さではやめることが困難になります。

禁断症状

砂糖依存症も、薬物依存に似た禁断症状が起こります。甘いものが途切れると、精神が不安定になり、イライラや不安感、不満感、抑うつ、無気力などの症状が出ます。また、頭痛や吐き気、疲労感、空腹感など、身体的な症状にもあらわれます。禁断症状を改善させるには、壮絶な努力が必要になります。

甘いものを食べると引き起こされる『低血糖』とは?

食べ物を食べると、消化酵素により体内でブドウ糖に分解されます。そのブドウ糖が体内の血糖値を上昇させるのですが、特に砂糖はブドウ糖に分解されやすいため、血糖値の急激な上昇を引き起こします。

すると、体内では血糖値を下げる作用を持つインシュリンが大量に分泌され、血糖値が急激に低下します。これが低血糖といわれる状態を引き起こします。身体が低血糖の状態になると、脳が空腹であると誤認識し、甘いものをさらに摂取するように信号を出します。

このように、一度砂糖を摂取すると、空腹ではないにも関わらず空腹感を感じるようになり、砂糖を渇望するようになってしまいます。

甘いものをやめて、砂糖依存症を克服するには?

まず、砂糖を一切摂らないようにすることが大前提です。

サツマイモや果物など自然の甘さを取り入れる

image

甘いものが食べたくなったら、ケーキやチョコレートなど糖分たっぷりのお菓子を食べるのではなく、サツマイモや果物などを食べるようにしましょう。

物足りなく感じるのは最初の数日だけ。はちみつ・果実・根菜に含まれている果糖は血糖値の急上昇を抑える作用がありますので、続けることで砂糖依存症から抜け出すことができるでしょう。

グルタミン酸を摂取する

image

グルタミン酸とは、昆布や鰹節に含まれるうま味成分のことです。グルタミン酸は、砂糖を摂取した時と同様に脳を活性化させる作用があります。

グルタミン酸が大量に含まれる食品として、コンブ、チーズ、緑茶などがあります。そのほか、シイタケ、トマト、白菜、魚介類などにも比較的多く含まれています。うまみ調味料のグルタミン酸ナトリウムではありませんのでご注意ください。

クロムを摂取する

image

クロムは、血糖値、血圧、コレステロール値を下げる作用がある、必須ミネラルです。血糖値を調節しているインシュリンの働きを補助します。

ただし、クロムを摂りすぎると健康上のメリットは無く、吐き気や下痢、頭痛や睡眠障害が起こる恐れがあります。そのため、クロムはサプリメントなどで摂取するよりも、食品に含まれている自然のものを身体に取り入れるのがおすすめです。

クロムは、雑穀、パルメザンチーズ、肉・レバー、ナッツなどに含まれています。

加工食品にも注意が必要!

砂糖は様々な加工食品に含まれています。知らず知らずのうちに砂糖を大量に摂取してしまい、いつの間にか砂糖依存症になっている恐れもありますので、注意が必要です。

おすすめ記事

糖質制限中でもOK!お米のカロリーを劇的に減らす方法を伝授!

トマトの持つ驚きの美肌・若返り効果 鬱病や癌予防、ダイエットにも!

GI値の低い食品とは?炭水化物や砂糖はどれを選べばいい?

叶姉妹の食事は1日5食5000kcal!どうして食べても太らない?

別名【自殺頭痛】あまりの激痛に死すら頭をよぎる群発頭痛の症状と治療法

眉毛に白髪が生える人が増加中!原因は老化だけじゃない!治す方法は?

オトナの女子力では、女性の美容と健康に関する情報を発信しています。
スポンサーリンク