カンジダ膣炎の症状と市販治療薬 再発を繰り返す場合に注意すべきこと

image

女性の5人に1人が経験したことにあるカンジダ膣炎。

勘違いされることが多いのですが、カンジダ膣炎は性病ではありません。体調の悪化や疲労などによる免疫力の低下、抗生物質の服用、月経前や妊娠中が原因で発症するとされています。

中には繰り返し再発し、症状が慢性化する女性もいます。これは、生活習慣や間違ったケア方法などが影響しているためと考えられます。

おりものの変化や痒みなどの異変を感じたら、できるだけ早く対処することが必要です。

スポンサーリンク

カンジダってどんな病気?

カンジダ膣炎とは、膣の中のカンジダ菌(真菌)が増殖し、性器に痒みやおりものの増加・変質を引き起こす感染症です。

カンジダ菌は、元々私たちの皮膚や口内、性器周辺などに存在している常在菌です。健康体であれば、免疫により常在菌のバランスが保たれ、増殖することを防いでいます。ところが、体調を崩したり、薬を服用することにより免疫力が低下すると、カンジダ菌が増殖し、身体に様々な症状を引き起こすことになります。

カンジダは男性にも発症することがありますが、主に女性に多い病気とされています。これは身体の構造の違いによるもの。性器に発症するため性病であると勘違いされやすいのですが、性交渉の経験がない女性でもしばしば発症します。

カンジダ膣炎の症状

  • 性器の違和感・不快感・灼熱感・痛み
  • 膣や外陰部の我慢できないほどの強い痒み
  • 白く粘性の高いおりもの(ヨーグルトやカッテージチーズに似ている)
  • 膣、陰唇が赤く腫れて炎症を起こす
  • 水泡や膿が出ることもある

初期症状は、性器に違和感やチクチクとした痛みが生じます。全く気がつかないこともあります。

進行するにつれ、徐々に痒みが生じるようになります。痒みは身体が温まると強くなる傾向があります。ときに強烈な痒みが襲うこともあります。

カンジダ膣炎を引き起こす原因

  • 免疫力・抵抗力の低下
  • 体調不良
  • 疲労
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 糖分の摂り過ぎ
  • 抗生物質の服用
  • 通気性の悪い下着の着用
  • 妊娠中
  • 月経前(黄体期)

カンジダ膣炎を引き起こす原因として、体調不良や疲労、ストレス、睡眠不足などによる免疫力低下が挙げられます。

抗生物質の服用でカンジダ膣炎を発症するケースも多くみられます。これは、抗生物質により善玉菌が死滅し、体内の菌叢バランスが崩れるため。身体を守る菌がいなくなることで、カンジダ菌の異常繁殖を引き起こすのです。

月経前や妊娠中にホルモンバランスが崩れることにより、膣内の自浄作用がうまく働かなくなることがります。このような場合にも常在菌が増殖し、カンジダ膣炎を発症しやすくなります。

性行為によっても感染することがあります。不潔な状態・不潔な環境で性交渉を行なった場合にも感染する可能性が高まります。

カンジダ膣炎になったら?治療法・市販の治療薬

カンジダ膣炎は、初期症状が軽いため放置されがちですが、放っておくと痒みが強くなり、日常生活に支障をきたすこともあります。

痒さのあまり掻きむしると、デリケートな皮膚が傷つき、症状が悪化したり別の炎症を引き起こすことになります。放置せず、適切な治療を行なうことが必要です。

性器に痒みやおりものの異常を感じたら、早めに婦人科もしくは産婦人科を受診しましょう。

カンジダ膣炎の検査

カンジダ膣炎であることを調べるために、トリコモナス腟炎、委縮性腟炎、細菌性腟症などの類似した疾患との判別が必要になります。膣や外陰部の症状を調べ、腟内部のおりものを採取して診断します。

カンジダ膣炎の治療薬

カンジダ膣炎と診断された場合、抗真菌薬を使用して治療を行ないます。抗真菌薬には、フルコナゾール内服薬やクロトリマゾール(エンペシド)外用薬があります。

治療期間は6日間が目安です。症状が改善したと思っても、決められた日数の薬はきちんと使い切るようにしてください。

市販されているカンジダ膣炎の治療薬には以下のものがあります。薬局で買うのが恥ずかしいという方は、通販をご利用ください。(クリックで通販サイトへ)

カンジダ膣炎を再発させないために注意すべきこと

カンジダ膣炎を発症した場合、適切な治療を行なうことで短期間に完治しますが、患者の生活習慣によっては慢性化することもあります。5人に1人が経験しているという病気ですが、女性の中には何度も繰り返し再発してしまうという人もいます。

カンジダが治らない!何度も再発するのはどうして?

カンジダ膣炎が再発を繰り返すような場合、生活習慣や食事、環境に問題があるケースがあります。また、抗生物質を服用している方や、免疫力・抵抗力が弱い方は、カンジダ菌の増殖を防ぐことができないため、再発の可能性が高くなります。

カンジダ膣炎を何度も繰り返し再発させてしまうという方は、以下のことに注意してください。

  • 膣の中を洗ってはいけない
  • 通気性の良い下着を身につける
  • バスタオルは頻繁に取り替える
  • 夜更かしをしない
  • バランスのとれた食事をとる
  • お菓子を食べ過ぎない
  • ビタミンを積極的に摂取する
  • 乳酸菌を摂取する

膣の中を洗ってはいけない

膣には自浄作用があるため、洗わなくても清潔に保たれています。洗浄することで膣内のpHバランスが崩れてしまい、免疫力が弱くなるケースもあります。患部を清潔に保つことは大切ですが、膣の中まで洗わないようにしてください。

通気性の良い下着を身につける

ポリエステルなどの化繊は通気性が悪く、蒸れやすいため、カンジダ菌が増殖する格好の環境を作ってしまいます。カンジダを再発させないためには、通気性の良い綿素材の下着がおすすめです。

バスタオルは頻繁に取り替える

入浴後に身体を拭いたバスタオルを何日も使い回すと、湿ったバスタオルに真菌が増殖する恐れがあります。バスタオルは常に清潔なものを用意しておくようにしましょう。

夜更かしをしない

寝不足や昼夜逆転などの生活習慣は、体内時計を狂わせ、自律神経を乱れさせます。これが免疫力低下につながり、様々な感染症や疾患を引き起こす原因にもなります。

身体の免疫力を高めるには、規則正しい生活を送ることや、夜更かしをしないこと、質の良い睡眠を取ることが大切です。

バランスのとれた食事をとる

膣内環境を正常に保つためには、栄養バランスのとれた食事をとることが大切です。

お菓子を食べ過ぎない

カンジダ菌は糖分が大好物。糖分の過剰摂取はカンジダ菌を増殖させることにもつながります。甘いものはできるだけ食べないようにしましょう。

ビタミンを積極的に摂取する

カンジダ膣炎は、ビタミンが欠乏することによる免疫力の低下が主な原因で引き起こされます。ビタミン剤の摂取は治療にも使われますが、普段から健康のために意識してビタミンを取り入れることも大切です。

緑黄色野菜を多く食べるのが最も効果的ですが、難しい場合はサプリメントの摂取でもかまいません。

乳酸菌を摂取する

乳酸菌は膣内を酸性に保ち、常在菌のバランスを正常に保ってくれます。膣内にはデーデルライン桿菌という乳酸菌が常在していますが、ストレスやホルモンバランスの乱れによって、減少したり、働きが弱まってしまいます。免疫力を高めるためにも、普段から積極的に乳酸菌を摂取することが大切です。

免疫力を上げる身体づくりが必要!

カンジダの再発を繰り返すという人は、食事や生活習慣を見直す必要がありそうです。根本原因を取り除き、免疫力を高める努力をしていきましょう。


植物性乳酸菌たっぷり100mg配合サプリ「アレルナイトプラス」

こちらの記事もあわせてどうぞ。

もはや整形は不要!?目元の小じわやちりめん皺を自宅で改善するための対策とは
女性に多い膀胱炎の原因と治し方 今すぐ痛みをやわらげるには?
疲れているのに、眠いのに、全然寝れない!眠れない原因と不眠解消法
シミ・くすみの原因にも!弱った肝機能を改善させる肝臓に良い食べ物8つ
白髪が生える原因は?何歳くらいから増える?治す方法は?

自分でできるアンチエイジング講座では、女性の美容と健康に関する情報を発信しています。
スポンサーリンク