ショック!これって老眼の症状かも?老眼を予防・回復させる方法はあるの?

image

『最近、本が読みづらくなった気がする』

『スマホの文字がかすむようになってきたけど、気のせいかな?』

『目のピントを合わせるのに時間がかかるようになってきた』

こんな症状が出始めたら、老眼の始まりかもしれません。

早い人では30代半ばから始まると言われる老眼。果たして、予防する方法はあるのでしょうか?

今回は、老眼の初期症状や原因、老眼の予防回復方法、実際に老眼になったときの対処法などについてご紹介します。

スポンサーリンク

老眼の初期症状と原因

老眼は老化現象の一つです。初期症状ではピントの合いづらさや、かすみ目、疲れ目などを感じることがあります。

ふとしたときに感じる違和感が、実は老眼の初期症状かもしれません。

  • 手元が見えづらい
  • 新聞やスマホなどの小さな文字がかすんで読みづらい
  • 近くの物にピントが合いづらい
  • 本を読んだ後に疲労感が残る
  • ピントが合うまでに時間がかかる
  • 夕方になると目がかすむ

老眼の原因

image
(image by civillink.net)

私たちは、物を見るとき、眼球の中にある水晶体を膨らませたり薄くしたりすることによってピントの調節を行なっています。水晶体の厚みの調節に関わっているのが毛様体という筋肉です。

遠くの物を見るときには、毛様体が緩まり、水晶体が薄くなります。反対に、近くの物を見るときには、毛様体が収縮し、水晶体が膨らみます。

若いときには、このようなピント調節がスムーズにできます。しかし、年齢とともに水晶体の弾力は失われ、徐々に硬くなり、ピント調節機能が衰えていきます。

老眼になると近くの物が見えづらくなるのは、水晶体が硬くなり、膨らみにくくなってしまうことが原因だったのです。

近点距離

近点距離とは、目がピントをあわせることのできる、最も近い距離のことをいいます。

10代では5~6cm、20代では10cm、30代では15cm、40代では20cm以上と、近点距離は年齢とともに長くなっていきます。

近くの物にピントが合わなくなると、老眼の始まりです。大体30cm前後のものが見えなくなると、老眼を自覚することが多いようです。

どんな人が老眼になりやすい?

image

『老眼にならない人』はいるのでしょうか?

結論としては、老眼にならない人はいません。老眼は、年齢を重ねた全ての人に訪れるものです。

ただし、40歳を過ぎても肌のきめが細かい人、60歳を過ぎても白髪が生えない人、90歳でも足腰が丈夫な人がいるように、老眼の症状が出始める年齢や進行速度、老眼の進行がおさまる年齢には個人差があります。

何歳くらいから老眼になる?

一般的に、老眼の症状が出始めるのは40歳頃から、老眼を自覚し始めるのは45歳前後からとされています。老眼の進行に関しては、65歳くらいまでは早く進みますが、70歳頃には進行が終わるといわれています。

ただし、体質や遺伝、生活習慣、環境などにより個人差があります。30代で老眼の症状が出る人もいれば、50代で自覚し始める人もいます。

早くから老眼になりやすい人はいる?

老眼は、加齢により水晶体の弾力性が失われ、毛様体筋が衰えることで起こりますが、早い人では30代半ばから老眼の症状が出始めます。

目を酷使することが多い人、スマホやパソコンなどを使用する時間が長いという人は注意が必要です。

目を使った後に頭痛や肩こりが出るようになったり、目が疲れるようになったら、老眼の始まりかもしれません。定期的に目を休めて、疲労を残さないようにすることも大切です。

視力がいい人は老眼になるのが早い?

老眼が始まる年齢と視力には関係がありません。視力の良い人は、早いうちから老眼の症状に気付きやすいというだけのことです。

近視の人は老眼になりにくいってホント?

近視の人は、元々近くの物にしかピントを合わせることができません。そのため、老眼になっても気付きにくいだけで、実際は普通の人と同じように老眼になります。

遠視の人が老眼になるとどうなる?

遠視の人は、元々遠くの物がよく見えて、近くの物が見えづらい体質です。老眼になると、さらに近くの物が見えづらくなります。

老眼の予防・回復方法はあるの?

老眼は、普段の心掛けや生活習慣、トレーニングなどにより、進行を抑えることが可能です。目を酷使しないようにし、適度の休めてあげることも大切です。

これからご紹介する老眼予防・回復方法は、老眼になってからでも有効です。目の健康を維持するためにもぜひ実践してください。

老眼予防トレーニング

近くの物と遠くの物を交互に見ることで、ピント調節機能を強化するトレーニングがあります。

このトレーニングは毛様体筋を鍛えるため、直接的に老眼の予防・回復につながります。

  1. 目の前15センチほどのところに人さし指や鉛筆などを立て、その先端にピントを合わせて見る。
  2. 次に、この状態でできるだけ遠くの物にピントを合わせる。目、鉛筆、遠くの目標は一直線上に並ぶようにする。
  3. 1と2を繰り返す。(約1秒間隔、20往復、計40秒)
  4. これを1日4回以上行なう。

※近視、乱視、遠視で眼鏡やコンタクトレンズを使用している人は、使用したままで行なってください。

(出典:『老眼―治らないとあきらめていませんか?』福与貴秀)

動体視力を鍛える

早く動くものを目で追って、動体視力を鍛えるのも、老眼予防トレーニングになります。

これは、電車に乗ったときに様々なものを見たり、遠くの物に目を移したりするだけでもOKです。

ただし、テレビゲームやPCを使ったトレーニングは眼精疲労を促進させる恐れがあり、あまりおすすめできません。

紫外線を避ける

紫外線は、身体を老化させる最大の原因ともいわれています。

目に紫外線を浴びすぎると、日焼けを起こし、乾燥や痛みなどの軽い火傷の症状が出ます。このような症状を避けるために、必ず帽子やサングラスを着用しましょう。

サングラスは、色の濃い物をかけると瞳孔が開くため、紫外線の被害が出やすいというデメリットがあります。色の濃さではなく、UVカット率を重視してサングラスを選びましょう。

目の疲れを取る

デスクワークが多い人、PCやスマホ画面を見続けることが多い人は、目の疲れがたまっている可能性があります。目を長時間酷使しないように、適度に休みながら生活することが大切です。

目を使い過ぎた日は、目のコリをほぐすために軽く目の周りをマッサージしてあげましょう。また、温めたタオルを目の上に被せ、目の血行を良くするのも効果的です。

老眼の進行を抑える食生活

バランスの良い食事をとるようにして、肉だけ・野菜だけに偏らないようにしましょう。また、老化を促進する糖分は摂りすぎないようにしましょう。

緑黄色野菜に含まれるビタミンA、B、C、ミネラルを十分に摂取することで、目のアンチエイジングをはかります。ビタミンは食事で摂取するのが良い方法ですが、サプリメントで効率的に摂取してもかまいません。

ブルーベリーを食べるのもおすすめ。

俗に『目にいい』と言われているブルーベリーですが、ブルーベリーに含まれるアントシアニンには強力な抗酸化作用があり、目の疲労軽減に効果的であるという研究報告が多数あります。

アントシアニンには、網膜上に無数に存在するロドプシンの再合成を助ける働きがあります。

ロドプシンは、目から入ってきた光を電気信号に変換するという重要な役割をしているタンパク質です。眼精疲労は、ロドプシンが壊れることが原因で引き起こされると考えられています。

眼精疲労を軽減するためには、アントシアニンは毎日継続して摂取することが望ましいといわれています。

ブルベリーの12倍のアントシアニンを含むマキベリー

実際に老眼になったらどう対処すべき?

image4

既に老眼の症状が出ている方だけでなく、若い人にとっても、老眼の対処法を知ることは大切です。

老眼になった場合、主に以下の3つの対処法があります。

老眼治療手術・レーシック手術

今や、近視・遠視だけでなく、乱視、老眼も同時にレーシック手術などで治すことができることをご存知でしょうか?例えば、老眼+近視+乱視があるという方でも、手術で改善することができます。

まずは無料説明会などを利用して医師にご相談することをおすすめします。


老眼&白内障治療

老眼用コンタクトレンズ

遠近両用のコンタクトレンズを使えば、遠くの物と近くの物を、視点を切り替えることなく見ることができます。

1枚のレンズで視力を矯正できるので、老眼の見えづらさを改善できますし、外見的にも老眼だとは気付かれないというメリットがあります。

ワンデーアキュビューモイスト 遠近両用
デイリーズアクア コンフォートプラス マルチフォーカル
エアオプティクス 遠近両用
メダリストマルチフォーカル

老眼鏡

最も一般的なのが老眼鏡。

老眼鏡を使いたがらない方もいるようですが、無理に裸眼でピントをあわせようとすると、眼精疲労が生じて老眼が進行したり、肩こりや体調不良の原因になる恐れもあります。老眼の症状が出たら、無理せずに老眼鏡を使用するようにしましょう。

考え方を変えて、老眼を楽しむというのも一つの方法です。好みのフレームに老眼用レンズをはめ込めば、老眼鏡もおしゃれなファッションアイテムとして活躍してくれます。

人気ブランドのメガネフレームで老眼鏡が作れます

老眼鏡を作るときには、ライフスタイルや用途に応じて、作業しやすい位置が最も良く見えるように作りましょう。

手作業が多い方は30cm、PCをよく使う方は50cmといったように、人によって適正なピント調節の距離が異なります。医師に良くご相談の上で、使いやすい老眼鏡を作ると良いでしょう。

老眼は、これからずっと付き合っていかなくてはならないもの。どのようにしてポジティブに受け入れていくかを考えることも大切かもしれませんね。

こちらの記事もあわせてどうぞ。

年齢より若く見える人の特徴8つ あなたはいくつ当てはまる?
白髪染めによるパラフェニレンジアミンアレルギーの症状が危険!安全な髪染め方法は?
【ゴルゴ線】を自力で消す方法 頬の斜めラインが老け顔の原因に!
顔が黄色くなるのはなぜ?その原因は糖化とカルボニル化にあった!

自分でできるアンチエイジング講座では、女性の美容と健康に関する情報を発信しています。
スポンサーリンク