アラフォー女性の薄毛対策 細くなった髪の毛を太くするための対処法は?

image

年齢を重ねると気になるのが、髪の太さの変化。

髪が細くなると髪全体のボリュームが減るため、見た目年齢にも大きく影響します。頭皮や髪の毛に何らかの問題が生じている可能性もあり、近い将来に抜け毛が増える可能性もあります。

  • 抜け毛を観察すると、細い髪が多い
  • 髪が細すぎて地肌が目立つ
  • 昔と比べて髪の毛が細くなった
  • 髪の毛を太くしてボリュームアップさせたい

この項目に一つでも当てはまったなら、できるだけ早めに薄毛対策をする必要があります。

スポンサーリンク

女性の髪の毛が細くなる原因とは?

髪の毛が細くなる原因には様々なものがあります。健康的な髪の毛を取り戻すには、原因について解明し、改善していくことが大切です。

ダイエットなどによる食事制限

髪の毛が細くなる原因として考えられるのが、ダイエットなどによる食事制限。栄養不足で髪の毛が大量に抜け落ち、病院に駆け込む女性は後を絶ちません。

身体の重要な器官を正常に機能させるためには一定量の栄養が必要です。栄養が不足した場合、身体の中で重要度の低い髪の毛には栄養が割り当てられなくなります。

ダイエットは単純なカロリー制限ではなく、『GI値』の制限が大切。『食べないダイエット』『一品ダイエット』はやめて、総合的な面から健康的にダイエットを行なうようにしましょう。

睡眠不足

睡眠時間が不規則だったり、十分な睡眠が取れていない場合、髪の毛が成長できなくなります。成長ホルモンは就寝時の夜10時から夜中の2時頃に最も多く分泌されます。この時間に睡眠を取っていないと、成長ホルモンが十分に分泌されないため、髪の毛の成長が阻まれてしまいます。

産後の脱毛

出産後、ホルモンバランスが崩れて突然大量に髪の毛が抜け始めることがあります。生えてきたばかりの細い髪の毛も抜けてしまうため、不安に感じる人も多いようです。

通常は半年ほどで抜け毛が止まり、ヘアサイクルが正常な状態に戻ります。しかし、中には産後に体質が変わり、そのまま薄毛になるという人もいます。半年経っても抜け毛が止まらない場合は早めに治療を行なう必要があります。

産後の抜け毛が止まらない原因は?いつからいつまで続くの?

ストレス

人は強いストレスを受け続けると、自律神経が乱れ、身体の器官が正常に機能しなくなります。精神的・肉体的ストレスによる症状として有名なものに円形脱毛症が挙げられます。円形脱毛症のように分かりやすい症状としてあらわれない場合でも、髪の毛が細くなる、白髪が増える、肌が痒くなる、胃腸の調子が悪くなるといった症状が出るケースは非常に多くみられます。

ストレスは心と身体に大きな負担を強いるものであり、溜め続けることで重大な病気を引き起こすこともあります。時にはしっかりと休息を取り、早めにストレスを解消することが大切です。

老化によるホルモンバランスの乱れ

年齢を重ねると、女性ホルモンが減少し、相対的に男性ホルモンが増えます。すると、男性型脱毛症(AGA)と同様の症状が女性にも見られるようになります。これは女性男性型脱毛症(FAGA もしくは Female AGA)と呼ばれるものです。

FAGAになると、髪の毛が細くなったり、抜け落ちることにより、全体的にボリュームがなくなります。症状が進むと、頭頂部や後頭部の髪の毛が薄くなり、地肌がうっすらと透けて見えるようになります。

早い人では30代後半から生じるというFAGAですが、現在では女性の薄毛治療も進歩し、症状を改善することも可能になっています。

40代で増加中!女性の薄毛の原因、FAGAとは?症状と治療法について

髪の毛を太くするために自分でできる対処法

細くなってしまった髪の毛は、放置すると抜け落ちて薄毛になる恐れも。髪の毛を健康に保つためには、普段の生活において、どのようにケアしていけば良いのでしょうか?

髪の毛に必要な栄養素を摂取する

ビタミン・ミネラル・たんぱく質の摂取が重要。これらの成分をバランスよく食事に取り入れることで、髪の毛の成長を促進することができます。特に、たんぱく質は髪の毛の原料となる成分ですので、しっかりと摂取する必要があります。

  • シスチン(原料となるたんぱく質)
  • ビタミンB2・B6(アミノ酸の合成や分解に関わる)
  • ビタミンE(血行を良くする)
  • 亜鉛(髪の毛に必要な成分を合成)
  • 鉄分(不足すると髪質が悪化し、抜け毛が増加する)

毎日軽い運動をする

髪の毛に元気がない原因の一つに、頭皮の血行が悪く、十分な栄養が毛根に届かないことが挙げられます。運動は、身体の血行や新陳代謝を良くします。ストレッチやラジオ体操など簡単なものでかまいませんので、毎日必ず身体を動かすようにしてください。

指圧マッサージ

シャンプーをするときに頭皮をこすると髪の毛が抜けやすくなります。ヘッドスパのように、じっくりと指圧しながら頭皮マッサージを行なうようにしてください。

NHKためしてガッテンの調査によれば、頭皮マッサージは『揉む』『さする』『指圧する』のうち、最も頭皮の血行が良くなるのは指圧であるという結果が出ています。シャワーで温めながら行なうと、毛細血管が広がり、さらに血行促進効果が期待できます。

育毛剤を使用する

細くなった髪のケアと薄毛予防のために、育毛剤を使うのも効果的です。

育毛剤は、頭皮に必要な成分をピンポイントに与えるものです。頭皮の血行が悪くなると、毛根にある毛母細胞に栄養が届かなくなります。そこで、皮膚の外側から栄養を流し込むのです。

顔と頭皮は一枚皮でつながっています。顔のスキンケアと同様に、頭皮にもエイジングケアが必要。早めの対策が、今後の髪の健康につながります。

こちらの記事もあわせてどうぞ。

ショック!これって老眼の症状かも?老眼を予防・回復させる方法はあるの?
白髪染めによるパラフェニレンジアミンアレルギーの症状が危険!安全な髪染め方法は?
鼻の毛穴が全開で角栓がみっちり詰まってる!しっかり閉じる毛穴ケア方法は?
白髪が生える原因は?何歳くらいから増える?治す方法は?

自分でできるアンチエイジング講座では、女性の美容と健康に関する情報を発信しています。
スポンサーリンク