最悪の場合死に至る病気、エコノミークラス症候群とは?症状と予防法

image

飛行機などの乗り物に長時間同じ姿勢で座っていると起こりやすいエコノミークラス症候群。最悪の場合、死に至る危険な病気です。

震災時には、避難生活を送る被災者がエコノミークラス症候群によって命を落とすという痛ましい状況も伝えられています。

エコノミークラス症候群は、実は誰でも起こりうる身近な病気です。一見健康に見える人がなぜ突然死に至ってしまうのでしょうか?そのメカニズムと症状・予防法についてご紹介します。

スポンサーリンク

エコノミークラス症候群の症状とは?

image

エコノミークラス症候群(旅行者血栓症・ロングフライト血栓症)とは、長時間座席に座っていたエコノミークラスの乗客が、飛行機から降りた直後に死亡するということが相次いだことから命名された病気です。

エコノミークラス症候群のメカニズム

飛行機の狭い座席に長時間座ると、下肢が圧迫されてうっ血状態となり、足の静脈に血栓ができます。この状態を『深部静脈血栓症』といいます。飛行機が到着し、立ち上がって動き始めた瞬間に、この血栓が全身を流れ始めます。これが肺に詰まると『肺血栓症』を引き起こし、最悪の場合、呼吸困難や心肺停止に至ります。

image

なぜ長時間座っていると血栓ができてしまうのでしょうか?

血液は、常に高速で流れる続けることにより、凝固することなく液体の状態を保っています。しかし、長時間同じ姿勢で座っていると、圧迫された足の血流が滞り、血液が固まりやすい状態になります。その結果、血栓が生じてしまうのです。

ちなみに、名称に『エコノミークラス』という言葉がついていますが、もちろんビジネスクラスやファーストクラスでも発症の可能性はあります。また、過去にはタクシー運転手の死亡例やトラック運転手の発症例などもあり、飛行機だけでなく座席に長時間座ることの多いバスや電車、乗用車等に乗る場合には注意が必要です。

東日本大震災や熊本地震においても、狭い車内で避難生活を送っていた被災者がエコノミークラス症候群を発症し、亡くなられています。

症状がない場合でも、血栓ができている可能性

エコノミークラス症候群は、血栓ができても本人に自覚症状がなく、気付かない場合もあります。血栓が小さいと血栓症を引き起こさないため、症状に気付くことは困難です。しかし、症状が無くても静脈内に血栓が残る可能性もあるため、発症リスクは高まります。

英医学誌ランセットに掲載された論文によれば、60歳前後の男女が片道8時間以上の飛行時間を往復した場合、1割の乗客で下肢静脈内に血栓の発生が確認されたとのことです。

デスクワークでも発症する可能性

エコノミークラス症候群は、乗り物に乗っているかどうかは関係なく、長時間同じ姿勢でいることが原因で起こります。

韓国で長時間にわたってゲームをやり続けた20代男性が、エコノミークラス症候群により死亡した例があります。デスクワークなどで椅子に座っている時間が長いという方は注意が必要です。

エコノミークラス症候群になりやすい人

  • 40代以上の人
  • 高血圧・高脂血症・糖尿病などの生活習慣病を患っている人
  • 肥満の人
  • 血栓症の既往のある人
  • 血栓ができやすい薬を服用している人

これ以外にも、妊娠中の方は血栓が生じやすいため注意が必要です。

エコノミークラス症候群の予防法

エコノミークラス症候群は、軽い運動や水分補給により予防することができます。

定期的に足首や足指を動かす

エコノミークラス症候群は、8時間以上同じ姿勢を保っていると発症するリスクが高まります。そのため、定期的に立ち上がって歩いたり、身体を動かしたりする必要があります。

乗り物に乗っていて立ち上がれない場合には、足首を回したり、靴を脱いで足の締め付けを解き、足指を動かす運動を意識的に行なうようにしましょう。

また、長距離運転をするときには、必ず途中にトイレ休憩を挟み、車の外に出て身体を伸ばしたり、歩き回るようにしてください。

水分補給をする

エコノミークラス症候群を予防するためには、水分補給が大切です。

身体の水分量が減ると、血液の濃度が高くなり、血栓ができやすくなります。

アルコールなどの利尿作用のある飲み物は避けるようにし、ミネラルウォーターイオン飲料をとるようにしてください。

もし血栓ができてしまったら?

自分の身体にも血栓ができているのでは?
もし血栓ができたらどうすればいいの?

中にはこんな不安を持つ人もいるのではないでしょうか?

私たちの身体には、血栓を溶解する作用もあります。通常、健康体の方であれば、一度血栓ができても自然に消えてなくなります。普段から身体を動かし、よく水分をとることを心がけましょう。

血栓ができやすい人は、血中に中性脂肪やコレステロールなどが過剰に含まれており、 いわゆる『ドロドロ血』であることが考えられます。

日々の食事や生活習慣を見直し、健康的な身体作りをしていくことが大切です。

血液をサラサラにする食品

  • 納豆(納豆キナーゼ)
  • 玉ねぎ(硫化アリル)
  • 青魚(DHA・EPA)
  • アマニ油・エゴマ油(オメガ3脂肪酸)
  • しょうが(ショウガオール)
  • ピーナッツ・アーモンド(リノール酸・リノレン酸)
  • ごま(リノール酸・オレイン酸)

※医薬品ではないため、確実に効果があらわれるわけではありません。病気の場合は必ず医師の診断を受けるようにしてください。

いかがでしたか?

飛行機や長距離バスに乗るときや、1日中デスクワークをしなければならないときなどには、エコノミークラス症候群を引き起こさないように十分に身体をケアするようにしてくださいね。

こちらの記事もあわせてどうぞ。

足のむくみが酷すぎるときの原因は?病気の可能性も!
足のむくみが起こる原因・脚のむくみをマッサージで解消する方法
食事で体質改善!免疫力・抵抗力を上げる食べ物9つ
1日の適正な塩分摂取量は?味が薄くならない減塩方法ってないの?

自分でできるアンチエイジング講座では、女性の美容と健康に関する情報を発信しています。
スポンサーリンク