イライラする原因は心の癖のせいだった!考え方を変えて気楽に生きる10の方法

image121

社会生活を送っていると、どうしても自分とは合わない人がいたり、思い通りにならなくて腹が立ってしまうことがありますね。

しかし、些細なことで苛ついたり腹を立ててしまうという方は、毎日がイライラの連続で、とても生きづらい思いをされているのではないでしょうか?

実は、イライラしやすい人には、ある特有の考え方の癖があるのです。今回は、イライラの原因と、考え方を変えてもっと気楽に生きていくための方法について解説します。

スポンサーリンク

イライラする原因と、気楽に生きるための10の方法

image28

イライラは、周囲に気を遣わせてしまうだけでなく、自分の心に対しても悪影響を及ぼしています。もっと穏やかで気楽な生き方をするためには、今までとはちょっと違った見方で物事を見ていく必要があります。

すぐに見方を変えることは難しくても、少しずつ『気付き』を得ることで、必ず良い方に変わっていきます。さあ、早速実践してみましょう。

レッテル貼りはイライラのもと

一部分だけで相手を評価し、レッテルを貼ってはいませんか?

例えば、誰かに対して『この子は勉強ができないからダメな子だ』『あの人ってなんとなく苦手』『あいつは仕事ができない奴だ』などと考えてしまうことはありませんか?

人にレッテル貼りをすることで、あなたは相手を見るたびにイライラし、不快な気分になるでしょう。しかし、それは結局は自分で自分を不快な気分に導いているだけのことなのです。

人の価値は一部分で決まるものではありません。短所ですら、見方によっては長所になる場合もあるのです。

もし、心の中で誰かにレッテルを貼っていることに気付いたら、そのレッテルをポジティブな言葉に置き変えてみましょう。

嫌いな人のことを考えるのは人生の無駄遣い

社会生活を営む上で、どうしても自分と合う人・合わない人がいるでしょう。相手の顔を想像しただけで嫌悪感を抱いたり、苛立ちを覚えることもあるかもしれません。

しかし、嫌いな人のことを考えてイライラする時間を過ごすということは、嫌いな人のためにあなたの大切な人生を費やしていることにほかなりません。

嫌いな人のことを考えれば考えるほど、あなたの心は蝕まれていくだけです。

あなたの人生に誇りを持ってください。あなたの人生は、嫌いな人のために費やすような、ちっぽけなものではないはずです。

嫌いな人のことを思い出しそうになったら、心のチャンネルを好きなことや楽しいことに切り替えてください。それでもうまくいかないときには、趣味に没頭したり、軽い運動やストレッチをしたりして、気持ちを切り替えましょう。

あなたの価値観は本当に正しい?

イライラする人は、『〜であるべき』という思い込みが強い傾向にあります。自分の持っている価値観だけを基準に、様々な物事を評価しているのです。そのため、その枠に当てはまらない物事に対してイライラしてしまいます。

例えば、マナーや礼儀作法を重んじている人の中には、マナーを知らない人に対して厳しく接したり、腹を立ててしまう人がいます。

もちろんマナーは大切なものですが、あまりに重視しすぎると、『あの人の箸の使い方はおかしい!』『あの人の服装はTPOに合っていない!』と様々なことに気が付き、イライラしてしまうでしょう。

しかし、別の見方をしてみれば、他人のマナーの間違いに対して目くじらを立ててあげつらうことも、一つの重大なマナー違反なのです。誰しもが、こうやって気付かないうちにマナー違反を犯しているのかもしれません。

19世紀のヴィクトリア女王のフィンガーボウルの逸話をご存知でしょうか?

ヴィクトリア女王の食事会で、晩餐会に招かれたある国の貴族がフィンガーボウルの使用法を知らず、中の水を飲んでしまったのです。

もちろん女王はフィンガーボウルが指を洗うものであることを知っていました。しかし、来賓者に恥をかかせないように、女王自らもフィンガーボウルの水を飲み干したのです。

マナーとは一体何なのだろうと考えさせられるお話ですね。その場においては、来賓者を心からもてなし、良い気分になってもらうことが本当の意味でのマナーだったのかもしれません。

一つの価値観だけが絶対的に正しいということはありえません。100人いれば100通りの考え方があります。

他人の意見や振る舞いに対してイライラしたときは、まずは自分の価値観が間違っていないかを疑ってみるというのも、冷静になるための有効な方法といえます。

見返りを期待すると心がケチになる

人に何かをしてあげたときに、心のどこかで見返りを求めていませんか?

『いつも食事を作っているのに、夫からは感謝の言葉一つ貰えない』『大学まで出してやったのに恩知らずな子供だ』『ご祝儀を多めに包んだのに、お祝い返しが安物!』

他人に見返りを求めて何かをしてあげると、思い通りの見返りが貰えなかったときに、相手に対してイライラがこみ上げてきます。

人は、他人にしてあげたことはいつまでも覚えているものです。しかし、自分がしてもらったことはすぐに忘れてしまいがちです。あなたも、誰かに対して恩知らずな対応をしているかもしれません。

見返りを求めて行動するのは、あなたの精神を苦しめるだけです。あなたは手厚く対応したつもりでも、相手にとってはさほど印象に残っていない場合だってあるのです。

イライラしない方法はただ一つ。他人にしてあげたことはさっさと忘れてしまうこと。そして、自分がしてもらったことは、忘れないように手帳に記録しておくことです。こうすることで、見返りを求める気持ちよりも、感謝の気持ちの方が強くなるはずです。

他人を変えることはできない

  • 口うるさい上司
  • 気の合わない同僚
  • 嫌味なママ友
  • 自分とは異なる意見を持っている家族や友人
  • 気に入らないテレビタレントの言動
  • インターネット上の誰かの発言

こんなことに対してイライラを募らせるのはもうやめませんか?

あなたが他人の言動にいくらイライラしたところで、他人をあなたの思い通りに変えることはできません。変えられるのは自分自身だけです。

そう簡単に他人を変えることなどできないとはじめから思っておけば、気が楽になります。

時にはあなたの方から柔軟に自分の考え方を変えたり、違う観点から物事を見てみましょう。

相手としっかりコミュニケーションをとる

相手があなたの思い通りに行動してくれないからといって、イライラしていませんか?

休日にゴロゴロしている旦那さんを見て、『忙しいのに、どうして手伝ってくれないの?』と怒りが爆発寸前に達することもあるかもしれません。

宿題をしない子供に対して、イライラしてつい頭ごなしに叱ってしまうこともあるかもしれません。

誰かに対してイライラする時、自分の心の中だけでどんどん苛立ちが膨れ上がり、怒りのゲージが上がってしまうことがあります。

しかし、ただ怒りを相手にぶちまけるだけでは逆効果にしかなりません。

なぜなら、相手はそのように行動する理由が分からないからです。相手に行動してもらうためには、しっかりとコミュニケーションをとり、理由を理解してもらうことが必要なのです。

点を見ないで全体を見る

すぐイライラする人は、小さなことに気付きやすかったり、細かいことにこだわりを持つ傾向があります。

小さな点にばかり目を向けていると、全体を見渡すことができなくなります。点ではなく面で、平面ではなく立体で物事を見るようにしてみましょう。

視野を広げて全体を見ると、ある一点では失敗に思えたことが、全体では成功していることもあります。点ばかり見ていては、全体的な成功にも気付けないかもしれません。

子供は失敗するのが仕事

イライラの原因が子育てにあるという人もいるかもしれません。

幼い子供が食べ物をこぼしたり、片づけが出来なかったり、トイレに失敗したときに、ついイライラしてしまうこともあるでしょう。

しかし、考えてみてください。生まれたばかりの赤ちゃんは、この世の概念について何一つ知りません。人は、まっさらな状態から一つ一つを学び、成長していくのです。

あなたの子供は、スーパーコンピュータでも解析できない程の膨大な量の情報を吸収し、解析している過程にいます。子供が物事の善し悪しを判断できなかったり、うまく行動できなくても当然なのです。

もしあなたがイライラを子供にぶつけたり、理不尽な叱り方をしているなら、今すぐにやめてください。

どんなに幼い子供でも、自分が親にされたことや言われたことは決して忘れません。たとえ表面上は忘れているように見えても、全てが心の深層に蓄積され、人格が形成されていきます。

抑圧された子ども時代を過ごすと、将来心の病に苦しむようになったり、社会生活を送ることすら困難になる可能性もあります。

子供は失敗することによって様々なことを学んでいきます。もしあなたがそこでイライラしてしまったら、子供は失敗を恐れて学びの機会を失うかもしれません。

子供の人生は子供のもの

子供があなたの思い通りの人生を歩まないからといって、イライラしていませんか?

子供が立派な人間に育ってほしいと願う親は多いでしょう。しかし、それは本当に子供自身が望むことでしょうか?

子供が理想の人生を送れば、子育てが成功したように感じるし、あなた自身の価値も上がるように思えるかもしれません。自分のやってきたことが間違いではなかったという成果を得たいのも理解できます。

しかし、子供の人生を決めるのは子供自身です。あなたを満足させるためだけに子供の人生があるわけではありません。

人には生まれ持った性質があります。芸術家の性質を持つ子供が親の意向で医者になったとして、彼の人生は成功したと言えるでしょうか? 彼は一生芸術への憧れを抱いたままで人生を終えることになるかもしれません。

完璧主義者ほどイライラしやすい

完璧主義者は、何事も完璧にこなそうとするあまり、物事が思い通りにいかないと強い怒りを感じることがあります。

目標が高いのは素晴らしいことです。しかし、無理をして目標を目指すため、心に余裕が無く、常にイライラしていて周りの人は振り回されます。

また、完璧主義者は他人にも完璧を求める傾向があります。他人が完璧に自分の思い通りの行動をしてくれないと、当たり散らすこともしばしばです。

完璧主義になる原因の一つに、親の教育法が挙げられます。例えば、学校のテストで100点満点を取らなければ酷く叱ったり、親の期待通りのことをしたときだけに可愛がるなど、条件的な愛情を示すような保護者のもとで育った場合、子供は失敗することに異常に恐怖や不安を抱くようになります。

完璧主義を克服するには、失敗を過度に恐れたり、全ての物事を思い通りにコントロールしようとする心の癖を、少しずつ改善していく必要があります。

image62

さて、空を見上げて宇宙に思いを馳せてみましょう。

想像してみてください。今、私たちがいる地球は、138億年という気の遠くなるような歳月をかけて出来上がった膨大な宇宙空間にある無数の星の中の一つに過ぎません。

地球は、わずか10の15乗分の1という確率で偶然に生まれた生命の宿る星です。そして、この地球上で、偶然が重なり合って生まれてきたのが『あなた』なのです。

もし、物事が思い通りにうまくいかなくても、それも一つの偶然なのです。後になって考えてみれば、心に留める必要も無いほど小さなことだったり、むしろ失敗して良かったと思えることもあるはずです。

全てのことを完璧にこなす人というのは長い歴史上で一人も存在しません。誰しも失敗して当然なのです。できなくても恥ずかしく思う必要はありません。

世の中の全てのことが思い通りになると考えず、ときには自然の流れに身を任せてみましょう。

こちらの記事もあわせてどうぞ。

オトナ女子必見!なぜかおばさんくさいと思われてしまう人の言動8つ
どうしても止まらないイライラを解消する食べ物&飲み物6つ
白髪が生える原因は?何歳くらいから増える?治す方法は?
加齢臭の原因ノネナールを抑えるには?大人の女性のニオイ対策

自分でできるアンチエイジング講座では、女性の美容と健康に関する情報を発信しています。
スポンサーリンク